office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

児童相談所

月刊「集中」にインタビュー記事が載りました。

2019年11月15日

月刊「集中」という雑誌にインタビュー記事が載りました。
児童虐待に関してのインタビュー記事です。

相次ぐ「児童虐待」で問われる 児童相談所と医療機関の課題

医療関係者向けの雑誌ですが、内容は一般の方向けにもなっています。

ぜひ、お読みください。

サイゾーウーマンに記事が載りました。

2019年10月30日

目黒で5歳の女の子 結愛ちゃんが虐待死した事件について、
虐待者である船戸 雄大被告の心理分析の記事を書きました。
10月27日フジテレビで放映された
『ザ・ノンフィクション ~親になろうとしてごめんなさい 目黒・結愛ちゃん虐待死事件~』
を受けての記事です。

https://www.cyzowoman.com/2019/10/post_256015_1.html

ぜひ、お読みください。

上智大学公開講座で講義させて頂きます。

2019年10月08日

10月15日上智大学公開講座で、講義をさせて頂きます。
講座は「人権とケア~身近にある差別や暴力にどう向き合えばいいのか~」
私は「加害者としての母親及び父親~虐待者の心理構造~」
についてお話します。
まだ申し込みは出来ますので、ご興味ある方、ぜひおいで下さい。

https://web.my-class.jp/sophia/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=174531#program-shosai-table

さいたま市 小4男児殺害事件についてヤフーに記事が載りました。

2019年09月20日

https://news.yahoo.co.jp/byline/yamawakiyukiko/20190920-00143455/

ぜひお読みください。

本日、21時からフジテレビ生出演です。

2019年09月18日

本日、21時からフジテレビ「梅澤 富美男のズバッと聞きます」という番組に
生出演します。

児童虐待についてお話します。
初めての番組ですので、楽しみです。
ぜひご覧ください。

ヤフーニュースに記事が載りました。

2019年08月31日

ヤフーニュースに私の書いた記事が載りました。

https://news.yahoo.co.jp/byline/yamawakiyukiko/20190830-00140066/

ぜひ、ご覧ください。

ヤフーニュースにオーサーコメントしました。

2019年08月02日

昨日、2件、ヤフーニュースにオーサーとしてコメント致しました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000095-jij-pol
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000064-jij-pol

11歳の男の子に熱湯を数回かけるという4年前の事件が今、明らかに。

2019年07月17日

7年前の2012年、母親と修行サークルで知り合ったという
夫婦が当時11歳の息子に、熱湯を数回かけた、という容疑で
夫婦が逮捕されました。
事件から4年。
なぜ今、明かになったのか。
フジテレビ「とくダネ!」でコメントさせて頂きました。

https://www.j-cast.com/tv/2019/07/16362643.html

記事の中でも紹介されている通り、
子どもというのは、「自分が悪いことをしたから」と自分を責めていたり、
「告白したら、きっともっとひどい目に遭わされるだろう」
と思い、本当のことが言えない場合は多いのです。

その時には、大人が
「悪いことをしたのは、大人の方だから」
「あなたのことは絶対に守るから」
と、子どもに声をかけてあげることが必要です。
そして、「守る」と約束した以上、絶対にその約束を守ること。
子どもに関わる現場の人間として、必要なことです。

この子も、きっと今になってようやく、安心して
話すことが出来たのだと思います。
これから、心の傷がさらに回復してゆくことが望まれます。

富山県朝日町の講演会がニュースで紹介されました。

2019年07月17日

5月31日と1か月以上前になってしまうのですが、
講演会の様子がニュースで紹介されました。

社会福祉協議会主催の、
民生委員さんや主任児童委員さん向けの
児童虐待をテーマとした講演でした。

ぜひご覧ください!

6月14日フジテレビ『グッディ!』生出演しました。

2019年06月17日

6月14日フジテレビ『グッディ!』生出演しました。
児童相談所の問題点、警察との連携についてお話させて頂きました。

https://www.fnn.jp/posts/00046812HDK/201906142003_goody_HDK

富山県朝日町に講演で呼んで頂きました。

2019年06月04日

5月31日、富山県の朝日町に講演で呼んで頂きました。

テーマは「子ども虐待とわたしたちにもできること」です。
児童虐待の現状、虐待された子ども達の心理、
虐待する親の心理、そして地域で出来ることについて
お話させて頂きました。

立派なポスターも作って頂きました。
今回は、朝日町民生委員児童委員協議会主催、
入善町社会福祉協議会協賛でお呼び頂きました。

地域の方達に児童虐待の現状を知って頂き、
地域の方達で子どもを守る取り組みについて
考えて頂くのはとても大事なことだと思っています。

今後も、全国でお話してゆきたいです。

TBS「Dooo!!!」2回目が配信されました。

2019年05月30日

先週21日に配信されたTBS「Dooo!!!」の2回目が配信されました。

今回は、ロールシャッハ・テストなどの
心理学、心理テストに関する内容が主になります。
MCの徳谷柿次郎さんの心理テストも行いました。

ぜひご覧ください。

TBS「Dooo!!!」Youtubeでご覧いただけます。

2019年05月23日

一昨日、TBSのネット配信番組「Dooo!!!」出演を
お知らせ致しましたが、You tubeでご覧いただけます。


たくさんお話出来ました。
ぜひご覧ください。

本日、TBS「Dooo!!!」に出演します。

2019年05月21日

本日TBSの対談番組「Dooo!!!」に出演します。
徳谷 柿次郎さんと対談致しました。

児童虐待について、心理学についてなどお話させて頂きました。
CSでは22:30~
フェイスブックでは20:00頃から配信されます。
https://www.facebook.com/watch/?v=276566049896431

こちらが収録風景。
本日と28日、2回に渡っての放映です。
楽しい内容となっています。
ぜひ、ご覧ください。

野田市小4女児虐待死事件「性的虐待の疑い」も一時保護解除~NHK首都圏ニュースでコメントしました。

2019年05月15日

野田市で小4の女の子が父親の虐待によって死亡した事件の続報が出ました。
ニュースでご覧になった方もたくさんいらっしゃると思います。
この事について、昨日のNHK首都圏ニュース、ニュース7でコメントしました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190514/k10011915481000.html

この事件については、私は性的虐待を疑っていました。
ですが、起こっていて欲しくない、と思っていたので、
コメントは控えていました。

私が性的虐待を疑っていた理由は、
1つは栗原容疑者の行っていた虐待が、
完全にDV型、支配型だったことです。
夫から妻へのDVと同様、支配型の虐待は性的暴力を伴うことがあるのです。
加えて、父親の娘への激しい執着。
これは以前にも書いた通り、虐待への依存度、虐待に中毒状態だった為であり、
虐待者の子どもへの執着も性的虐待加害者の特徴と一致するのです。
さらには、栗原容疑者は心愛ちゃんを
子どもではなく、「物」として扱っていました。
欲求を満たすはけ口であり、加えて、被害者を痛めつけるために
一番嫌がることをする。
この点も、性的虐待を疑っていた理由でした。

PTSDに加えて「性的虐待の疑い」の診断が出ていたのに
なぜ児童相談所は父親のもとに帰したのか。

信じられません。
性的虐待は疑いの段階で即保護が原則です。
家に帰せない材料が増えた、ということです。

柏児童相談所が、心愛ちゃんを家に帰して良いと
判断した理由は分かりません。
1つは父親の強烈な攻撃に恐怖心を抱き、支配されてしまった、ということです。
これは以前にも書いた通りです。

ですが、これとは違う理由として、
児童相談所の職員であっても、中には、
子どもの性的虐待を信じたがらない人はいます。

実の親子なんだから。
まさかそんなことはしないだろう。
父親が娘に性的欲求を抱くなんてあり得ない。
父親は、そんなつもりではなかったのではないか。
信じたくない、という気持ちの強さから、
性的虐待をなかった方向に考える人がいるのも事実です。

そして子どもの話はあいまいな点があったりします。
子どもは、性的なことをされていることに気付かなかったり、
意味が分からなかったりします。
また、自分がされたことを話していいものか、
話した方が良いのかも迷います。

そこに職員の「信じたくない」気持ちが加わってしまうと
子どもの言い分が
「本当のことかどうか分からないし」
と扱われてしまう危険性もあるのです。

野田市虐待死事件の児童相談所の担当者は
心愛ちゃんの言葉を
「大変なことを聞いてしまった」
と深刻に受け止め、性的虐待の事実を、もっと丁寧に聞き取るべきでした。

明日は母親の初公判です。
この事件は追い続けてゆきたいです。