office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

夫婦の悩み

週刊女性PRIMEに記事が載りました。

2021年01月13日

週刊女性PRIMEに記事が載りました。
不倫された妻の話です。
反響もたくさん頂いています。

ぜひお読みください。

https://www.jprime.jp/articles/-/19808

FLaU WEBに記事が載りました。

2020年12月29日

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/78848?media=frau

タワマン不倫の話です。

大竹まことさんと壇蜜さんとお話しました。

2020年10月07日

先週の水曜、30日に大竹まことのゴールデンラジオに
生出演し、大竹まことさんと壇蜜さんとお話しました。

3ショットも撮らせて頂きました。

お二人とも、とても良い方で、お話しやすかったです。
新刊『夫のLINEはなぜ不愉快なのか』についてや、
児童虐待についてもお話ししました。

明日までラジコで聞くことが出来ます。
ぜひ、聞いて下さい。

ゴールデンラジオ、出演しました。

2020年10月01日

昨日、大竹まことさんの「ゴールデンラジオ」」に出演し、
大竹まことさん、壇蜜さんと
新刊『夫のLINEはなぜ不愉快なのか』の話から、
夫婦関係について、その後は児童虐待についても
お話ししました。

2人ともとても良い方で、話しやすかったですし、
楽しかったです。

3ショット、撮らせて頂きました。

9月18日 新刊『夫のLINEはなぜ不愉快なのか』が文春新書から発売になります。

2020年09月16日

9月18日 新刊『夫のLINEはなぜ不愉快なのか』が文春新書から発売になります。

タイトル通り、夫婦関係に関する本です。
こちらは文春のニュースレターです。
内容を紹介しています。
file:///C:/Users/User/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/Content.Outlook/BG91G9E4/%E6%96%87%E8%97%9D%E6%98%A5%E7%A7%8B%E3%80%80NEWSLETTER%E3%80%80187.pdf

皆さん、ぜひお読みください!

【#私たちはコロナとどう暮らす】ヤフーに記事を書きました。

2020年06月03日

Yahooニュースで【#私たちはコロナとどう暮らす】をテーマとした特集の中に
記事を書きました。

両親がコロナに感染してしまったら、子どもはどうすればいいのか、
という内容です。
ぜひお読みください。
https://news.yahoo.co.jp/byline/yamawakiyukiko/20200526-00180220/

長引く休校 懸念される虐待リスクの高まり

2020年04月03日

4月1日、東京都は都立高校の休校をゴールデンウィーク明けの
5月6日まで延長することを発表しました。
 今後、小中学校の休校にも影響が出るでしょう。
 
 コロナウィルスに子どもが感染するのを心配し、
休校の延長を望む保護者もいますが、新学期のスタートを
待ち望んでいた保護者もたくさんいます。
 休校の長期化は児童虐待のリスクを高める要因です。
ヤフーに記事を書きました。ぜひお読みください。

https://news.yahoo.co.jp/byline/yamawakiyukiko/20200402-00170920/

さいたま市 小4男児殺害事件についてヤフーに記事が載りました。

2019年09月20日

https://news.yahoo.co.jp/byline/yamawakiyukiko/20190920-00143455/

ぜひお読みください。

ヤフーニュースにオーサーコメントしました。

2019年08月02日

昨日、2件、ヤフーニュースにオーサーとしてコメント致しました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000095-jij-pol
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000064-jij-pol

港区南青山児童相談所建設問題

2018年12月18日

港区が南青山に児童相談所を建設することを発表し、

住民が激しく反対していることが報道されています。

なぜ南青山なのか。

価値が下がる。

そんな住民からの声に疑問を抱く方はたくさんいらっしゃると思います。

 

先週末、再度港区が児童相談所に関する学習会と

説明会を行ったことも報道されていました。

そこでも、住民の方々は反対されていました。

住民の声の中には、

港区の小学校に通うことで、子どもは余計に辛くなるのでは。

外に出て幸せそうな家族を見て、辛い思いをするのでは。

そんな声もありました。

そして、前回の説明会でも出ていた、物価が高い、ということ。

 

住民の方達は大きな勘違いをされていると思います。

児童相談所の子どもは、学校にも行きませんし、外には出ません。

一時保護所は職員が子どもの生活を管理しているので

暴れる子どもはほとんどいません。

児童相談所の一時保護所に子どもがいられるのは最長2か月です。

一時的な避難場所であり、生活場所ではありません。

 

そして、母子生活支援施設も、一時的な生活の場所です。

母子は、これから先、支援なしでも生きていけるような

方法を探すために、一時的に支援施設で生活するのです。

自分達がこれからどこで、どんな風に生活するのが安全か。

子どもはどんな学校に通うのが良いのか。

職員と相談しながら、これからの生活を決めてゆく場所です。

辛い思いをするとか、物価が高いとか、

心配して頂かなくても、職員が相談に乗りながら、解決出来る場所です。

 

私が何より思うのは、児童相談所は子どもを救う場所で、

母子生活支援施設も母子を助ける場所です。

児童相談所や母子生活支援施設を必要とする子ども、お母さんは確実にいるのです。

私も、児童相談所で働いている時に、たくさん感謝されました。

あの時、相談に行って良かった。

あの時、子どもを預ってもらって良かった。

あの時、児童相談所に助けてもらって良かった。

 

この報道を見ている、助けを必要としている人達は、

自分達はこんな風に、邪魔者扱いされているんだ、と感じ、

相談に行かれなくなってしまうのではないでしょうか。

 

それが、児童虐待を増やす。

子どもの非行を深刻化する。

 

その危険があることを、理解して欲しいです。

 

『思春期の処方せん』発売されました~親子の関係がその後の人間関係を決定づける~

2018年06月01日

以前にお知らせした、新刊『思春期の処方せん』販売されました。

有楽町の三省堂書店で平積みになっていました。

嬉しいです。

 

今回、カテゴリーとしては育児書になりますが、

私が今回の本で書きたかったテーマは

親子関係と生い立ちです。

 

子どもの頃の親との関係、生い立ちは、その後の人生の

人間関係を決定づけます。

 

どうしても苦手な人がいる、とか

人前で話すのが苦手、とか

人を信じられない

恋愛が出来ない

そんな今の自分の苦手や悩みの原因は

多くの場合、親との関係にあるのです。

 

そして

時々、気分が憂鬱になる

突然悲しくなる

怖いことが起こる予感が消えない

自分に自信が持てない

などの悩みの原因も親との関係

つまりは生い立ちに隠されているのです。

 

だから今回の本は、今、育児をしている方だけでなく、

今も親が怖いとか、親とうまくいっていない、とか

親に愛されなかった、という親との関係に今も悩んでいる

方達にぜひ読んで欲しいです。

 

そして、反抗期がなかった方達にも。

なぜ反抗期がなかったのか、その理由についても

書いてあります。

 

育児をしていない方でも、自分が抱えている悩みや

日々の中のちょっとしたモヤモヤが

解消されるはず。

 

皆さん、ぜひ読んで下さいね。

三省堂書店 ブログ用

5月22日に新作『思春期の処方せん』(海竜社)が発売になります。

2018年05月07日

今日は新たな著書のご案内です。

5月22日に海竜社から『思春期の処方せん』が発売されます。

https://www.amazon.co.jp/dp/475931606X

 

今回の本は、思春期はなぜ必要か、そして思春期の子どもの心理、

子どもの反抗に親としてどう接すべきか、

などを書いていますが、その他にも

子どもの心の成長過程、

親子の愛着関係について、など幅広く書いています。

また、ごく普通の家庭でも、親子の愛着関係が壊れ、

子どもが問題を起こしてしまうことがあること、

子どもの将来を壊してしまうことがあること、

なども書いています。

また、親である両親の夫婦仲が子どもにどんな影響を与えるか、

夫婦仲が悪い両親のもとに育つと、

子どもは大人になった後も、ずっと苦しむことになる可能性がある

ことなども書いています。

内容については、少しずつブログでも

ご紹介したいと思っています。

 

ぜひ、読んで下さい!

体罰容認、大人の過半数 子育て中7割の親「経験あり」

2018年02月16日

公益社団法人「セーブ・ザ・チルドレン」の調査で、

大人の6割近くが、子どもへの体罰を容認していることが分かりました。

https://www.asahi.com/articles/ASL2H55CNL2HUTFK00L.html

そうなんですよね。

1発でも叩けばそれは虐待、と児童相談所が言い続けても、

やっぱり子どもへの体罰はなくならないんです。

この調査の結果の通り、大人達がいけない事、

と思っていないからなんんです。

しょっちゅう叩く訳じゃないから、とか

虐待というほどではないから、とか、

しつけの一貫だから、とか、

そう思っているんですよね。

そして私が児童相談所で出逢ったお父さん、お母さんもそうでしたが、

今の30代以降の大人は、子ども時代に親に叩かれた、

という経験を持つ人が大半、と言っても良いのではないでしょうか。

叩かれてはいなくても、暴言を吐かれた、とか。

 

児童相談所で出逢ったお父さん、お母さんの中には、

堂々と

「俺も、殴られて育ったんだから、間違っていない」

という人もいましたし、

「叩く他に、叱る方法が分からないんです」

と悩むお母さんもいました。

 

子どもはどうしたって、親の行動を学習してしまいます。

そして大人になった時に、同じことしてしまう可能性はあるのです。

 

でも、叩かれた子どもはとても傷つきます。

心に傷が残ります。

「僕が悪い子だから叩かれたんだ」とか

「お母さんは私のこと、嫌いなんだ」

と思ってしまいます。

 

「少し痛い目に遭わせないと分からない」

と言う親御さんもいらっしゃいますが、

痛い目にあったから、子どもは悪いことをしなくなるのではないのです。

叩かれたことで学ぶのは傷みだけです。

 

厚労省は「愛の鞭ゼロ作戦」を呼び掛けていますが、

その中身がイライラしたら深呼吸をする、とかいう内容で。

深呼吸してもイライラっておさまりませんよね。

でも私も、児童相談所で、よくお母さんと一緒に考えました。

 

子どもを叩きそうになってしまったら、かっとなったら

シャワーを浴びましょう

とにかく子どもと別の部屋に行きましょう

お気に入りの服に着替えてみましょう

など、事前に決めておくのです。

そして、毎回出来なくてもいいから、

10回に1回でも出来たら、お母さんを誉めて、

もっと増やしていきましょうね、と励ましていました。

 

子どもを叩いてしまうお父さん、お母さんにとって

必要なのは、叩いてしまうその原因は何なのか、

子どもへの怒りの原因は何なのか、

どうやったら減らして行けるのかを

一緒に考えて、そしてお父さん、お母さんを

誉めたり、励ましたりしてあげることなのだと

私は思っています。

 

今ある公的相談機関には、そこまで丁寧なことは

出来ないと思います。

でも、必要な事ですよね。児童虐待をなくすためには。

大阪府寝屋川市16年間娘を監禁 33歳娘凍死事件~家庭内暴力に苦しむ親

2017年12月27日
大阪府寝屋川市で、両親が16年間娘を監禁し、
33歳の娘が、監禁されていたプレハブ小屋で凍死した、
という事件が報道されています。
容疑者である母親は
「娘に、16~17歳頃から精神疾患があり、
 暴れるので監禁した」
と述べているそうです。

朝の情報番組では、
「親のする事ではない」
「虐待だ」
「精神疾患があったのなら、治療すべきだった」
とコメンテーターの方々がコメントしていました。

両親によるひどい虐待。
私には、この事件はそうとは思えないのです。

娘さんに精神疾患があったのかどうかは分かりません。
ですが、私は今までたくさんの、子どもの家庭内暴力に
苦しむ親御さんに会って来ました。
そして親御さんたちは皆、言っていました。
「治療を受けさせたい。
 相談にも乗って欲しい。
 でも、どこに行っても、
 『本人を連れて来ない限り、何も出来ない』
 と、言われてしまうんです」
と。
些細なきっかけで暴れる子どもに、
病院に行きましょうなんて、とても言えない。
「『病院に行こう』なんて言ったら、
 殺されてしまうかもしれません」
そう言った、お母さんもいました。

このご両親もそうだったのかもしれません。
16年前では、なおの事、相談場所を見つけるのは
大変だったかもしれません。

暴れて、家の中を壊す、両親に暴力を振るう、
そんな娘を、両親はどうする事も出来ず、
誰にも相談出来なかったのかもしれません。
ご近所の目を気にしていたのかもしれません。

そして、自分達でどうにかするしかない。
そう決断した。
だから、監禁した。

許される事ではありません。
でも、他にどうする事も出来なかったのではないでしょうか。

そして、両親がその家に住んでいる気配を
近所の方は感じなかったそうです。

両親は、娘を監禁したと同時に、決めたのではないでしょうか。
自分達も、娘と一緒に身を潜めて、存在を消して生きて行こう。
それしかない、と。
それは、監禁が許されないからでもあり、
娘を誰にも渡さない為だったのかもしれません。

子どもがどんなに暴れても、警察に通報したり、
強制的に入院させる事を望まない親御さんはたくさんいます。
子どもに恨まれるから。
子どもが可哀想だから。
そんな、思いで。

時間が経過してゆくうちに、両親の感覚も
麻痺していたのではないでしょうか。
娘を監禁していることが日常になり、
何も訴えない娘への食事の頻度も減り
繰り返しになりますが、両親の行為は許される事ではありません。
でも、私には、今も子どもの家庭内暴力に苦しみ、
この事件を他人事とは思えずにいる、
お父さんやお母さんがいる気がしてならないのです。
その悩みを誰にも相談出来ないまま。

この両親にも、誰か相談出来る人がいれば。
娘を治療につなげる手伝いをしてくれる人がいたら。
何かが変わっていたかもしれません。

この事件も、どうして両親がこんな事をしてしまったのか、
丁寧に追い続け、報道して欲しいと思うのです。