office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

『ママのスマホになりたい』~ママがスマホばかり見ている子どもへの影響~

2018年05月02日

『ママのスマホになりたい』という絵本が話題になっています。

https://www.amazon.co.jp/ママのスマホになりたい-のぶみ/dp/4872909461

 

タイトルから分かる通り、ママがスマホばっかり見ている子どもの気持ちの絵本です。

シンガポールの小学生の作文を絵本にしたものだそうです。

 

私も、児童相談所で働いている時から、

子どもに対して、

「お母さんいつもお家で何してる?」

とよく聞きます。

まだ小さい子どもが

「いつもスマホいじってる」

と答えることもありました。

もちろん、子どもは悲しい気持ちになります。

ママが自分に関心を向けてくれない。

それは子どもにとって、ママは自分が大事じゃないんだ、

僕のこと、私のこと、どうでもいいんだ、と感じられます。

これは、子どもの人格形成に、大きなダメージを与えます。

 

講演会ではこのお話をいつもしています。

そしてトピックスでお知らせした次の本の中に、

しっかりと書いてあります。

親のスマホとの付き合い方が、

親子の愛着関係に問題が生じる可能性があるのです。

 

お母さんだけでなく、お父さん達にも、

考えてみて欲しいことです。

子どもがお父さん、お母さんに

「愛されていない」

と感じてしまうことは、想像以上に、

子どもの心を傷つけ、その傷は生涯、

残り続け、子どもの心を苦しめ続けるのかもしれないのです。