office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

いじめに気付くチェックリスト~「教室の悪魔」より~

2016年06月18日

先日のブログに、子どもの自殺予防とゲートキーパー養成講座について書きましたが、
やはり、いじめについては、お母さん達は心配で、
学校もお悩みの様子です。
なので、数回に分けて、いじめについて書きたいと思います。
今回は、私の著書、『教室の悪魔』から、いじめに気付くチェックリストの前半です。
各項目の解説に加え、時代背景を受けての、追加項目も載せたいと思っています。

□ 最近、よく物をなくすようになった。
□ 学校のノートや教科書を見せたがらない。
□ 親の前で宿題をやろうとしない。
□ お金の要求が増えた。あるいは親の財布からお金を持ち出す。
 *非行、と捉えがちですが、脅されている可能性があります。
□ 学校行事に来ないで欲しいと言う。
□ すぐに自分の非を認め、謝るようになった。
 *「良い子になった」と思いがちですが、謝る癖がついてしまっている可能性があります。
   学校でいじめられていると、とにかく謝ってばかりの子になってしまうのです。
□ 学校のプリント、連絡帳を出さなくなった。
□ ぼーっとしている事が増えた。何もしていない時間が多い。
 *気分の落ち込みにより、何もする気になれないでいるのかもしれません。
□ 無理に明るく振舞っているように見える。
 *お父さん、お母さんにいじめられている事を知られたくないあまり、
  必要以上に明るくしているかもしれません。
□ 学校の事を尋ねると「別に」「普通」など、具体的に答えない。
 *思春期のお子さんだと、学校の事をお父さん、お母さんに話さないのは当たり前の事でもありますが、
  全く何も話さないのは不自然です。質問した時にびくっとする、顔を背ける、などの反応にもお気を付け下さい。
□ 学校のことを詳しく聞こうとすると怒る。
□ 話題に友だちの名前が出て来ない。
 *話題に出せる友だちがいない、という事です。以前、よく話題に出ていた友だちの事を話さなくなったら要注意です。
  そして、逆に以前話題に出なかった友だちの名前が出る、というのも、無理に友だちのふりをしているかもしれません。
□ 学校に関する不満や愚痴を言わない。
 *子どもというのは、授業がつまらないとか、先生がうざいとか、学校に関する何らかの不満は必ずあるもの。
  それが全くない、というのは逆に不自然です。無理をしている、と考えてよいでしょう。
□ 保護者会、個人面談で何を話したかを過剰に気にする。
 *もしかしたら、先生がいじめに気付いていて、お父さん、お母さんに伝えたのでは、と心配している証拠です。
□ 寝つきが悪い。悪夢を見ているようで、夜中に起きる。
 *心がかなり傷ついていると判断して良いでしょう。夢の中身を聞いてみてあげると、恐怖心の度合いが分かります。
□ 倦怠感、疲労、意欲の低下。
 *心が疲れると体も疲れます。今まで以上に疲れている、常に横になっている、などは要注意です。

以上が前半16項目です。次回は後半と追加項目をご紹介します。
前半の中の5項目以上が該当するようであれば、お子さんはいじめられている可能性がある、と思って下さい。

後半ご紹介の後は、解決方法、家庭で気を付ける点についてご紹介します!