office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

お母さんのお悩み「うちの子って普通じゃない?」

2016年01月22日

「うちの子って普通じゃないのかも・・・」
そんな悩みを抱えるお母さんに、たくさん出会って来ました。

お母さんがそう思ってしまう理由の一つは
「他の子と比べて落ち着きがない気がする」
「インターネットで調べてみたら、多動のチェックリストにすべて当てはまった」
そして、保育園の先生、学校の先生に
「お子さん、落ち着きがありませんね。
 専門家に見てもらったらいかがでしょう?」
と言われたこと。

「うちの子、発達障害なのかも」
そう悩んで、相談いらしたお母さんの一人は
保育園の先生に指摘されていらっしゃいました。
「落ち着きがなくて、集団行動が出来ないって言われたんです」
だから、一通りテストをして診断して欲しい、とおっしゃいました。
私の所に来た時は、小児科、精神科、心療内科をすでに受診しており、
すべての診断が違った、という事でした。
すべての診断が違ったことで、お母さんは混乱していました。

「来て下さって良かったです。」
診断が違えば、お母さんはどうして良いか分からなくなります。
そして重要なのは、診断ではなくて、お子さんがどうして落ち着きがないのか、
その原因を探ることです。もちろん、その原因が発達障害である場合もあります。

お子さんはまだ6歳。来年小学校に上がる年齢でした。
私はお子さんの生まれてからの発達の経緯を一通りお聞きし、
お子さんの知能検査と心理検査をしました。

気になる所はありませんでした。
知能的にも普通だし、落ち着きのなさは目立ちませんでした。
ただ、一つ、ちょっと心が荒れている点は気になりました。

初回だったので、お母さんにお伝えしました。
「今日の結果では気になる所はありませんが、
1回だけじゃ分からないと思うので、経過をみませんか?」
お母さんは言いました。
「でも、保育園では落ち着きがないって・・・」
「お母さんさえ良ければ、私も保育園での
 お子さんの様子、見に行きます」
お母さん経由で保育園にお願いし、さっそくお子さんの様子を見に行きました。

気になる所はありませんでした。
確かに時々集団から外れてしまうことはあるけれど、
園の子ども達全体がおとなしいので、目立ってしまっている感じでした。
心配している保育園の先生たちには、
私も一緒に経過を見ることにしました、とお伝えしました。

「経過をみましょう」
そう言われると、多くのお母さんは不安になります。
放っておかれた感じがするのでしょう。
だから私はお母さんに言いました。
「定期的に通ってきて頂いて、私も一緒に経過をみます」

何度か、お子さんとお母さんと一緒に通って頂き、
お子さんには絵を描いてもらったり、一緒に遊んだりしましたが、
やはり気になる所はありませんでした。
私はお母さんに伝えました。
「小学校ではちゃんとやって行ける力のあるお子さんだと思います」
それでもお母さんは不安そうなので、
小学校入学後もしばらく通って頂くことにしました。

小学校入学直後のお子さん達はたいていみんな落ち着かないもの。
保育園や幼稚園とのギャップの大きさに戸惑ったり、
知らない子どもの集団に入って興奮したり。
やはり、「落ち着きがない」と言われ続けたお母さんのお子さんは
特に目立たない存在になりました。

「少し、ほっとしました」
私はお母さんに説明しました。
「子どもの行動が落ち着かない時は、発達障害の可能性もあるけれど、
 心が落ち着かない時も行動は落ち着かなくなります。
 例えば、お母さんが不安になって、神経質になり過ぎたり」
そして私は言いました。
「インターネットの情報も大事だけれど、一番大切なのは
 お母さんの目に、子どもがどう映っているかです。
 昨日と比べて、先月と比べて、成長しているかどうか。 
 それが一番大切なことです。
 それから、お母さん自身が『私の子なんだから大丈夫』
 と思うことです」
お母さんは自身なげに言いました。
「私に、出来るかどうか・・・」

大丈夫。これだけお子さんの為に頑張って通えるのだから。
「不安になったらまたいらして下さい。一緒に、考えましょう」
その面接が最後になりました。

ちょっと心配だったので、数か月後にお母さんに電話をした所、
「学校では問題なく、やれているみたいです」
私も安心しました。
きっと、お母さんの不安が解消されたことが大きかったのでしょう。
だから小さな不安でも、専門家の力を借りて、
解消することも重要なのだと思うのです。