office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

お母さんの夏休みのお悩み~大事なのは「日常」をキープすること~

2016年07月25日

夏休みが始まりましたね。
電車や街で子どもを連れているお父さん、お母さんの姿をよく見かけるようになりました。

子どもにとっては嬉しい夏休みなのですが、意外に、夏休みが憂鬱なお母さんって多いのです。
以前働いていた児童相談所でも
「夏休みが憂鬱」
というお母さんはたくさんいました。

「宿題をなかなかやろうとしない」
「生活リズムが乱れて、夜遅くまで起きている」
これは、あらゆるお母さんのお悩みと言って良いでしょう。
でも、私が出逢って来たお母さん達のお悩みは少し違いました。

中学生の男の子のお母さんのお悩みです。
「とにかく、朝早く出て行って、夜遅くまで帰って来ないんです。
 どこで何しているのかも分からなくって」
お母さんは大きくため息をつきます。
「『部活だ』って言うんですけど、確かめると実際には部活のない日だったり。
 部活のスケジュールはもらっているんですけど
 『急にLINEで連絡が入ったから』
 って言われると、嘘だとも決め付けられないし・・・」
一度出掛けてしまうと、携帯も出ないのだそうなのです。
確かに、子どもって、都合の悪い時、携帯出ないですよね。

小学校2年生の男の子のお母さんも同じような悩みを抱えていました。
「出掛けないように言っていても、朝、窓から抜け出すんです。
 年上の子達との付き合いもあるので、どこで何してるんだか・・・」
悪いことをしているんじゃないか、お母さんはとても心配していました。
「近くのゲームセンターには子どもの写真を持って行って、
 『入れないようにして下さい』ってお願いしているんですけど・・・」
なかなか、そうはしてくれないんだそうです。
確かに、子どもと言ってもお客さんですものね。

そして、お子さんが女の子だと、お母さん達は
犯罪に巻き込まれるとか、悪い男と付き合っているのではないか、
とさらに心配します。
そうなんですよね。子どもが崩れる、つまり非行への扉を開けてしまうのは
夏休みにも多いんです。

そして、SNSが広まってしまった今、昔とは違う悩みを抱えるお母さんも増えました。
「お母さん同士でインスタとか、フェイスブックをチェックし合っているので、
 子どもをどこに連れて行ったか、すぐに知られてしまうんです。
 だから、中途半端な所には連れて行けなくて・・・
 海外旅行している写真なんかをアップしているお母さんを見ると
 うちも、連れて行かなきゃって思ってしまって・・・」
「それは、大変ですよね。」
私は言いました。気にしなければいいのに。そんなわけにはいかないのは分かりますから。

夏休み。子どもは学校がないから嬉しいけれど、
お母さんにすると、子どもは退屈しているから構ってあげなきゃいけない、
どこかに連れて行かなきゃいけない。
それも大変ですが、子どもが1日中、どこで何をしているのか分からないのも心配です。
「家でまったく食事をしないので、どこで何を食べているのかも分からなくて」
そんな、中学生の娘さんを持つお母さんもいました。

夏休みで大切なのは、「日常」をキープすることです。
私はそう、お伝えして来ました。
夏休みは色んな所に連れて行ってもらえるから、楽しくて仕方がない。
お母さんが一日中遊んでくれるから楽しい。
これは、日常ではないので、子どもにとって、学校がない事が楽しい事とイコールになってしまうのです。
だから夏休みが楽しいのは最初のうちだけで、徐々に子どもが学校のないことに
「退屈」することが大事なことなのです。
だから特別なことはしてあげる必要はなくて、
むしろ、お母さんは普段通りに生活して良いと思うのです。
家族で出かける事はあった方が良いですが、
それも、無理のない範囲が大事です。

一日中、外で遊びまわってしまう子を管理するのは大変なことです。
そういう時には、お母さん同士のネットワークで、誰と一緒に、どこにいるか
お母さん達が連絡を取り合えると安心材料が増えます。

宿題をなかなかやろうとしない。夜遅くまで起きている。
これは、子どもとしては当然のことなので、
あまり悩まなくて大丈夫です。
「早く学校始まらないかな」
子どもがそう思えることが一番大事です。

とはいえ、お母さん同士のSNSのつながりは、お互いの日常が見えてしまうので、
お母さんにとってはストレスですよね。

私は、アップする写真は日常の写真で十分です、とお話してきました。
お家の中で一緒にお菓子を作っている。
近所に一緒にお買い物に行く。
その姿が「楽しそう」であれば、親子にとっては十分、自慢になることです。

難しいとは思いますが、お母さんにとっても、お子さんにとっても、
普段と変わらない夏休みを過ごせると良いな、と思います。