office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

トラブル巻き込まれ度

2015年08月20日

先日、負のパワー引き寄せ度チェックを載せましたが、その結果です。

4~7個 引き寄せ度60%

8個以上 引き寄せ度 100%

となります。

では、トラブルを回避するには?

日経ウーマンでは

1.押し付け仕事

2.セクハラ

3.他人のうわさ話

4.嫌がらせ

5.パワハラ

と分類しました。

まず、1.押し付け仕事の対処法です。

上手に断るのがポイント。特に断るのが苦手な人は、「5回に1回は断る」など、決めておくとよいですね。

特に、正当な理由がある時は、はっきりと断りましょう。

2.セクハラ

彼氏のことを色々聞いて来たり・・・

なんて上司、いませんか?

セクハラ、という事を出来るだけ冗談めかして言えると良いですね。

後は、同僚がセクハラにあっている時に横から毅然と注意する、も良い予防になります。

3.うわさ話

愚痴やうわさって結構怖くて、ただ頷いただけなのに、「あの人が言っていた」という話になったりします。

極力、輪に入らず、静かにその場から離れるのが良いでしょう。

「あ、そういえば」と何かを思い出したように立ち去る、など、あまり露骨じゃない感じが良いと思います。

4.嫌がらせ

ちょっとした嫌味、嫌がらせは、重なるとかなりのストレスになります。

「いじめに屈しない」という事を分かってもらうことが大事です。

「誰かに意地悪されちゃって大変~」

などあっけらかんとやり過ごすことが出来れば、相手はちゃんとやめてくれるはず。

5.パワハラ

毎日のようにみんなの前で怒鳴られたり、ダメだしされたり・・・

つらいですよね。

意外に、こうした上司にはむしろ親切にするのが効果的。

例えば毎日お茶を入れてあげるとか。

気がのらないかもしれませんが、パワハラをする人は、単純な人が多いので、

親切にしてもらうと、急に態度を変えたりします。

あと、パワハラの自覚がない人も多いので、

「怒鳴らないで下さい。怖くなっちゃうので」

と、せめて言い方だけは変えてほしいことを伝えられると良いですね。

 

「キレる人への対処法」など、困った人への対処法は少しずつ詳しく紹介してゆきまーす。