office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

今まで出会った女性たちのお悩み解決~夫婦喧嘩~

2016年01月25日

今まで働いてきた児童相談所では、お母さんたちのお悩みを聞くのと並行して、
お子さんたちの悩みを聞くのも私の仕事でした。

お母さんは悩んでいました。
高校生の娘さんが、夜中まで家に帰って来ないのだそうです。
塾の日もあるけれど、塾は夜9時には終わるのに、11時12時になってようやく帰ってくる。
「どこに行ってたのか、絶対言わないんです」
塾の帰りにちょっとお友達とおしゃべり。
そのくらいは構わない、とお母さんは思っているそうです。
「でも、女の子なんだから、夜遅くなると心配で・・・」
当然のことです。私は、どうにかして娘さんを連れて来て欲しいとお願いしました。
「連れて来れるかしら・・・」
お母さんは自信がなさそうでした。
実際、何度か連れて来れずにキャンセルが続きましたが、
どうにかお母さんは娘さんを連れて来てくれました。
「もう、仕方ないので、帰りに洋服を買ってあげることにして」
とにかく、娘さんが来てくれてよかったです。

私は娘さんと2人で話をしました。
一通り、私の仕事や児童相談所について説明をし、
心理の仕事についても説明し、学校や塾の様子などをお聞きしました。
学校も塾も楽しく通っているようでした。
そこは安心。で、思い切って聞いてみました。
「どうして、夜中まで家に帰らないの?」
彼女はちょっとふくれっ面になりましたが、
しばらく待っていると、答えてくれました。
「だって、お父さんとお母さん、喧嘩ばっかりしてるから」
あらあら。
「それは帰りたくなくなっちゃうね」
うん、と彼女は小さくうなずきました。
「話してくれて、ありがとうね」
私はそう伝え、お母さんに彼女の気持ちを伝える許可をもらいました。

「確かに、夫婦喧嘩は多いですけど」
お母さんもそのことは認めてくれました。
「でも、仕方ないんです。うちの主人、娘に私の悪口ばっかり言うんです。
 『お母さんうるさいね』とか『ケチだよね』とか」
あらあら。それは困りもの。
「お父さんに来て頂けないかしら」
夫婦カウンセリング。おそらくそれが一番必要。
そう思って、私はまずお母さんからお父さんにお願いしてもらう事にしました。

子どもって、ご両親の仲が悪いことをすごく嫌うんです。
だから、せめてお子さんの前では、夫婦喧嘩はしないでください、と
みなさんにお願いしているのですが、なかなか実行は難しく・・・

お母さんはさっそくお父さんに一緒にカウンセリングに行って欲しいと
お願いしてくれましたが、
「『忙しい』って断られました。」
これもとってもよくあること。
実際、日本のサラリーマンは忙し過ぎるんです。
諦めてはいけません。お母さんからの説得も続けてもらいつつ、
私からもお父さんに連絡を入れ続けました。

2人からの根強い説得で、どうにかお父さんは来てくれました。
「時間がないので手短に」
出勤前に寄ったというお父さんは最初に言いました。

夫婦喧嘩は確かに多い、ということはお父さんも認めました。
お母さんの事を悪く言うことも。
ですが、お父さんは言いました。
「こいつだって、俺の悪口ばっかりですよ。
 『お父さんみたいな人と結婚しちゃだめよ』とか。
 『お給料が少なくて苦労ばっかり』とか」
あらあら。
時々あるんんです。ご夫婦がお子さんにお互いの悪口を言っちゃう。

私はお父さんに夫婦喧嘩を子どもがすごく嫌がるという事を説明しました。
「このままだと、娘さんはもっと家に帰らなくなります。
 可愛らしいお嬢さんですから、犯罪被害に遭うことも考えられます。
 そして女の子の方が、非行はエスカレートしやすいんです」
「そうなんですか?」
「はい。女の子は一度崩れ始めると、あっという間です。
 中学生、高校生と分かっていても、風俗にスカウトする業者もいます」

さすがにお父さんも危機感を持ってくれたようです。
そう。まず危機感を持ってもらう事。
そして、お子さんの問題の原因はご両親にある、と理解してもらう。
これが、夫婦カウンセリングではとても重要です。

「とにかく、お互いの悪口を娘さんに言わないようにして下さい。
それが出来れば夫婦喧嘩は間違いなく減りますから。」

お父さんもお母さんも
「出来る限りやってみます」
と言って下さいました。

1か月後、お母さんと娘さんで来て頂きました。
「その後、どう?お父さんとお母さんには『喧嘩しないでください』
 って伝えたんだけど」
娘さんはちょっと考えて、答えてくれました。
「完全になくなったわけじゃないけど、前よりはましっていうか」
それは良かった。
やっぱり、子どもの為なら、親は頑張れるんですね。

お母さんも言いました。
「前よりは、ちょっと帰る時間が早くなりました。」
それは良かった。
「それに、言われた通り、私と主人が喧嘩しちゃった翌日は
 必ず、帰りが遅くなるんです。
 『私たちのせいだったね』って主人とも話して」
それは素晴らしい。

そうなんです。親が変われば子どもは確実に変わるんです。
だから、やっぱり子どもの問題は大人の責任。
そして、子どもを変えるのは親にしか出来ないこと。

そう信じて、お父さん、お母さん、頑張りましょう!