office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

児童相談所虐待サイン見逃す 女児重症

2018年10月09日

愛知県一宮市児童相談センターが虐待の疑いの通報が入ったにも関わらず、

対応せずに2か月後に3歳の女の子が腹部に重傷を負い

入院していたことが分かりました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36250120Z01C18A0CN0000/

 

当初の通報で、児童相談所が子どもを保護しなかったのは、

怪我の程度が軽微で、母親とも話が出来ていたから、との報道もあります。

 

前回のブログで、目黒の船戸結愛ちゃんの虐待死検証報告から、

さらに児童相談所の問題点について書きました。

 

やはり大きな問題は、児童相談所が子どもを強制的に保護出来る

権限を持ちながら、親との信頼関係を結べ、と言われる点です。

 

愛知の児童相談センターの担当職員も、親との関係を優先したのでしょう。

話が出来るから。

必要があれば指導出来る。

そう思って、それ以上深く踏み込まない児童福祉司はいます。

そして、その担当児童福祉司の判断が本当に正しいのかどうか、

そのチェック機能がないのも児童相談所の問題です。

判断は、児童福祉司個人の裁量に委ねられ、誰もチェックはしないのです。

船戸結愛ちゃんの事件でも、香川の伝え方に問題があったにせよ、

東京の品川児童相談所がチェック機能を働かせていれば、

事件は防げたかもしれないのです。

 

児童虐待件数は過去最高。

以前から書いている通り、児童虐待に関する知識がない

自治体職員が児童相談所で

「児童福祉司」として専門家として働くことは

もはや許されることではありません。

 

児童虐待を増やさない為には

児童相談所の構造上の問題を解決することが必要です。

個々の事件の検証も必要ですが、

児童相談所という組織を変える必要があるのです。