office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

厚労省、虐待の子ども「一時保護所」を全国調査 劣悪施設を点検

2017年07月25日

厚労省が、全国の児童相談所の一時保護所の調査を行う事を決めたと
報じられています。

http://news.livedoor.com/article/detail/13373708/

やっと、か、という感じと
「今更」という感じです。

前から書いている通り、
全国すべてがそうではないですが、
一時保護所は、子どもにとって
とても辛い場所であり、
一時保護所での生活が
トラウマになってしまう子もいます。

以前、ブログに載せた、ロイター通信の記事の中では
厚労省の役人が
「一時保護所が今のままでいいなんて、
 誰も思っていない」
とはっきりコメントしています。
参考までに、ロイター通信の記事も
もう一度載せます。
http://jp.reuters.com/article/japan-child-shelters-idJPKBN19E0KD
「ケアより規律、被虐待児童が直面する一時保護所問題」
このままでいいなんて誰も思っていないのに。
ではなぜ、ずっと放置されて来たのでしょうか。

一時保護所が作られたのは、戦後
戦争孤児や放浪児を保護する目的でした。
そして、その時からずっと変わっていない。
これって、恐ろしい事ですよね。

これを機に、一時保護所が子どもにとって
安心出来る快適な場所になる事を望みます。
まずは、ちゃんと調査して欲しい。
第三者委員が誰になるかも重要です。
ちらっと見るだけの視察では
何もわかりませんし。

そして、一時保護所が虐待を受けた子どもたちの
心のケアが出来る場所になることを。
非行の子ども達に対しても、
厳しくするだけではなく、
非行の原因となった心の傷が
癒やされるような場所になることを
望みます。