office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

大阪府箕面市 4歳児虐待死事件~市と児童相談所の対応の問題点~

2017年12月26日

大阪府箕面市で、4歳の男の子が虐待によって殺された事件が報道されています。

https://mainichi.jp/articles/20171226/k00/00m/040/037000c

箕面市は、対応に不備があった事を認めていますが・・・
それでも、この家庭への対応は、問題点が多すぎると思うのです。

まず、母親がまだ若い事。
そして子どもは2人とも幼児さんである事。
子どもは小さければ小さいほど、
虐待から逃げることは出来ません。

そして、母の交際相手、さらにはその男性の友人が同居。
男性2人は無職。
信じられません。母親が養っていた、という事なのでしょうか。
母の交際相手にとって、子ども達は他人。
その友人となれば、子どもは全くの他人です。
「可愛い」とは思えないのは当然。
一部報道では、男性達が、
「しつけの為に叩いた」
と言っている、伝えられていますが、
「叩く」というのは、怒りであり、しつけではありません。
そして彼らは子どものしつけなんて、してはならないのです。

昨年夏頃から、服の汚れの目立ちや異臭、
ネグレクト(育児放棄)が疑われていました。
その時点で、児童相談所は母親の養育能力が低いのでは、
と疑ったはずです。
この時点で、母親の育児へのサポート体制が
作られるべきでした。

保育園には先月17日からほとんど登園していなかったそうです。
これはかなりのハイリスク要因です。
男性達が同居を開始したのが1か月ほど前。
つまり、男性達が同居を開始した頃から
子どもの姿が確認出来なくなった。
保育園に行かせていなかったのは、
男性達からの暴力による傷、あざを見せない為としか思えません。

そして保育園職員が今月9日に家庭訪問した時には
次男の頬に痣があった。
母親は「階段から落ちた」と説明した。

即、保護すべきでした。
久しぶりに確認出来た子どもの姿に異変があったのですから。
保護しなかったのは、母親の説明を信じたからなのでしょうか。
同居している男性2人からの虐待を疑わなかったのでしょうか。
信じられないです。

「家庭訪問を検討していたが、日程調整が出来ず」
「もっと早く対応していれば状況は変わったかもしれない」
こんな言い訳も、役所らし過ぎて、呆れてしまいます。
子ども1人が助けられたはずなのに。

こういう事件が起こるから、児童相談所に子どもを保護されてしまった
お父さんやお母さんが
「うちよりも、もっとひどい事をしている親がいる」
と言うのです。

改めて、子どもの虐待死を防ぐには、児童相談所だけでは
もう無理なのだと思います。
子どもを保護すべきかどうかの判断も、
親の言い分を信じるか同課の判断も
児童相談所ではない、専門機関による
チェック機能を作らなくてはならないと思うのです。

そして、報道の方々も、相撲界の話題も良いですが、
こうした事件も、丁寧に追い続けて報道して欲しいと思うのです。