office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

座間市9遺体発見事件~なぜ、被害者の女性達は犯人に会いに行ったのか~

2017年11月07日

座間市のアパートで9人の遺体が発見された事件は、衝撃的でした。
報道も、続いています。

報道を見ていて思いました。
犯人が9人殺した動機や方法を調べる事は
もちろん大事だけれど、
なぜ被害女性達が、犯人に会いに行ったのか。
それを考える事も重要だと思うのです。

でも、児童相談所で働いている時から、
私もたくさん出会って来ました。
ネットで知り合った男性に会いに行ってしまう女の子。
北海道まで行ってしまう中学生の女の子もいました。

犯人は自殺サイトで被害女性達と知り合った、と報道されています。
そして、犯人は、「本当に死にたい人は1人もいなかった」と
言っている、とも。

犯人の言葉が真実かは分かりませんが、
私が出逢って来た、自殺サイトに書き込みをする女の子達が
本当に訴えたいのは、
「死にたい」という事ではありませんでした。

彼女達が苦しんでいるのは、どうしようもない「孤独」でした。
家族がいても、友だちがいても、誰も自分の苦しみを理解してくれない。
本当の悩みを打ち明けられない。
だから、ネットの中で、理解してくれる人を探すのです。
そして抱えている孤独があまりに強い為、
ネットの中で優しくしてくれて、
自分の気持ちを理解してくれるような事を
言ってくれる人に出逢ってしまうと、
実際にその人に、会いに行ってしまうのです。
そして、犯罪被害にあってしまう。

今回のような、殺人にまでは至らずとも、
性犯罪被害にあってしまった女の子はたくさんいます。
風俗で働かされた子もいました。
報道されないので、知られていないのです。

こうした事件が繰り返されない為に。
その為に必要な事は、どうしようもない孤独を抱えている
子どもや大人をどう救うか。
それがとても重要だと思うのです。

自殺サイトを管理する事も必要だし、
電話相談を充実させる事も大事かもしれませんが。
でも、現実に苦しんでいる子どもや人達は救われていないのです。

どうしたら苦しんでいる子どもや大人が、
誰か、相談出来る人を見つけられるか。
それは逆に言えば、家族や身近な人に
相談出来る人がいない、という事でもあります。

以前から書いていますが、やっぱり大人が、
自分の身近な子どもにとって「相談したい」
と思える大人になるしかないと思うのです。