office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

愛について

2015年11月04日

講演会でも毎回お話している事ですが、
私は、人間の心には愛情で満たされなければならない器があると思っています。

子どもの頃は親を中心とした周りの大人が、
いっぱい愛を注ぎ、器が満たされて、
あふれた分が、子ども自身が人に対して
注げる愛になります。

そしてこの器は満たされないとものすごく苦しいのです。
でも、心の奥深い所にあるので、
愛を求めているのだと本人は気づけないのです。

だから人によって違う欲求に置き換えられて感じられます。
物欲や、金銭欲、出世欲、食欲など。

けれどこの器には愛しか入ってくれません。

だからどれだけの物を手に入れても、
どれだけのお金を手に入れても、
たくさん食べても満たされないままなのです。

児童相談所という場所で、万引きを繰り返したり、
親のお財布からお金をとったり、
性的問題を起こしたり、
様々な問題を起こしてしまった子どもに出会って来ました。
そして子どもが起こしてしまった問題の原因に
この愛情の器が無関係であった子は
1人もいませんでした。
けれど問題を起こしてしまったがゆえに、
大人から怒られ、さらに愛情の器の愛が減ってしまう。
そんな悪循環をたくさん見て来ました。

大人も、同じなんだと思うのです。
なんだか満たされない思いを解消出来ない。
たくさん食べても、たくさん買い物をしても満たされない。
そんな時、心は愛を求めているのだと思うのです。

でも、愛して欲しい人から、
自分の求めているように愛されるのって難しい。

そして、愛し始めるのは簡単だけど
愛し続けるのが難しいように
愛され続けるのも難しい。

どうしたら愛して欲しい人から
愛され続けられるか。

こんな難問への答えは簡単には見つからないけれど、
たくさん食べると後悔しちゃうし、
買い物しても本当は欲しくなかった事に
後から気づいてしまう。

大事なのは前にも書きましたが
やっぱり自分の心の状態を知る事。

そして「愛して欲しい」と思ったら、
先に愛してあげて、相手の愛情の器を
あふれさせてあげること。
それがきっと大事なのだと思うのです。