office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

港区一等地に児童相談所設置に賛否

2018年10月17日

港区が南青山に児童相談所の設置を決め、

地元住民からは、反対の声も多くあがっています。

この件、で昨日、フジテレビの

「直撃LIVE グッディ」に生出演しました。

番組の中で、住民説明会の中での住民と区職員との

やり取りの音声も聞きました。

 

地元住民が反対する理由の一つは総額100億円という資金。

なぜ100億もかけて、一等地に立てる必要があるのか、

もっと別の場所があるのではないか、などの意見が出ていました。

確かに、なぜ土地の価格が銀座に並ぶほど高額な、

南青山に児童相談所を設置するのか、その説明は不十分と私も思いました。

ただ、なぜ南青山ではいけないのか。

それに関する地元住民の意見の中には

「南青山にふさわしくない」

「外国人観光客になんのアピールもない」

などの他、

「なぜ100億もかけて触法少年のための施設を作るのか」

という意見、そして触法少年を保護する施設を作ることでの

治安の乱れを心配する住民の声もありました。

 

住民の声を聞くことで、児童相談所というのは

本当にイメージが悪いんだな、ということが

とてもよくわかりました。

 

住民の方々の不安も理解出来ない訳ではありません。

ですが、法に触れる行為をした子どもたちも、

親から虐待を受けていたり、心の傷が非行の原因になっていたりもするのです。

そして、虐待を受け、助けてあげなくてはいけない子どもが

たくさんいるのも事実です。

 

そして、児童相談所が子どもを預かる、一時保護所というのは

子どもを外には出すことはしません。

それは子どもの安全を守る為です。

そして、子どもが暴れたり、一時保護所から逃げたりしないよう、

管理は徹底されています。

騒音公害の懸念も出ていましたが、

防音対策も必ずします。

 

何より理解して欲しいのは、

児童相談所は子どもを救う場所であり、

子どもを幸せにしてあげる場所です。

児童相談所が設置されることにより、

悪いことが起こると思って欲しくないです。

港区の品位が下がる、という意見もありましたが、

そんな風に思って欲しくない、と思います。

 

ただ、港区側の説明不十分さも指摘出来ます。

配ったチラシは計500枚。

土地買収後にホームページを開き、

区民全体への説明会はつい先日。

 

これから、東京都の児童相談所は各区に移管されてゆきます。

各区で、同様のことが起こると思います。

どうしたら区民に納得してもらえるか。

その方法を各区で検討する必要もありますし、

児童相談所とはどういう所かを理解してもらう必要もあると思います。