office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

港区南青山児童相談所建設問題

2018年12月18日

港区が南青山に児童相談所を建設することを発表し、

住民が激しく反対していることが報道されています。

なぜ南青山なのか。

価値が下がる。

そんな住民からの声に疑問を抱く方はたくさんいらっしゃると思います。

 

先週末、再度港区が児童相談所に関する学習会と

説明会を行ったことも報道されていました。

そこでも、住民の方々は反対されていました。

住民の声の中には、

港区の小学校に通うことで、子どもは余計に辛くなるのでは。

外に出て幸せそうな家族を見て、辛い思いをするのでは。

そんな声もありました。

そして、前回の説明会でも出ていた、物価が高い、ということ。

 

住民の方達は大きな勘違いをされていると思います。

児童相談所の子どもは、学校にも行きませんし、外には出ません。

一時保護所は職員が子どもの生活を管理しているので

暴れる子どもはほとんどいません。

児童相談所の一時保護所に子どもがいられるのは最長2か月です。

一時的な避難場所であり、生活場所ではありません。

 

そして、母子生活支援施設も、一時的な生活の場所です。

母子は、これから先、支援なしでも生きていけるような

方法を探すために、一時的に支援施設で生活するのです。

自分達がこれからどこで、どんな風に生活するのが安全か。

子どもはどんな学校に通うのが良いのか。

職員と相談しながら、これからの生活を決めてゆく場所です。

辛い思いをするとか、物価が高いとか、

心配して頂かなくても、職員が相談に乗りながら、解決出来る場所です。

 

私が何より思うのは、児童相談所は子どもを救う場所で、

母子生活支援施設も母子を助ける場所です。

児童相談所や母子生活支援施設を必要とする子ども、お母さんは確実にいるのです。

私も、児童相談所で働いている時に、たくさん感謝されました。

あの時、相談に行って良かった。

あの時、子どもを預ってもらって良かった。

あの時、児童相談所に助けてもらって良かった。

 

この報道を見ている、助けを必要としている人達は、

自分達はこんな風に、邪魔者扱いされているんだ、と感じ、

相談に行かれなくなってしまうのではないでしょうか。

 

それが、児童虐待を増やす。

子どもの非行を深刻化する。

 

その危険があることを、理解して欲しいです。