office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

誉めると叱る~「うちの子、誉める所がないんです」~

2016年02月05日

子育てにおいて、子どもを誉めるのは絶対必要。
それは多くのお母さんが分かっていることです。
けれど、前回のブログにも書きましたが、子どもが問題を起こしていると、
子どもを誉めるのはとっても大変なこと。
そして今まで出逢った来たお母さんたちの多くは、
「うちの子、誉めるところがないんです」
とおっしゃいました。

本当は、そんな事ないんです。誉めるところは絶対にあるはず。
なので、今日は、子どもを誉める方法についてです。

実は、子育てだけではなく、上司と部下の関係であっても
夫婦であっても恋人同士であっても、「誉める」ってとっても重要なんです。
人間の行動を修正するのには、誉めると叱るは同じ量でなければいけないんです。
でも、お母さんって、家族の生活をスムーズに進めるために、ついつい叱ってばっかりになりがちです。
お母さんにとっては、「叱る」のが仕事の一つでもありますから。

例えば前回書いた盗みとか。
問題を起こしている子どもをどうやって誉めるか。

お母さん達に、まずリストを作ってもらいました。
まずは、今の子どもの「無くしたい行動10項目」。
そして「増やしたい行動10項目」。
この、増やしたい行動が重要です。今、出来ていることの中から探すのです。
そして、「無くしたい行動10項目」の中のトップを「叱る行動」にします。
「増やしたい行動10項目」のうちのトップを「誉める行動」にします。
しばらくの間は、2番目以降の行動は叱らない。ただし、誉めるのはありです。
今、出来ている行動を誉める訳ですから、
例えば、朝、「おはよう」ときちんと言えたら誉める。
食事中、すぐに立ち歩いて、遊んでしまって食事がなかなか終わらない子は
3分じっと座って食事が出来たら誉める。

無くしたい行動がどれだけたくさんあっても、叱るのはしばらくは一つの行動に絞ります。
暴力なら暴力だけ。
「死ね」などの暴言なら暴言だけ。
歯磨きをしない、なら歯磨きのことだけを叱りましょう。

子どもにとって一番怖いのは関心を向けられないこと。
一日中叱られてばかりの子は、お母さんが次第に子どもの行動に慣れてきて、
あまり叱らなくなると、もっと悪いことをするようになります。
例え、叱られるのであっても、関心を向けてもらえなくなるよりましだからです。
だから、叱られてばっかりの子はどんどん悪い事を繰り返し、エスカレートさせてしまうのです。
だからこそ、「誉める」が重要なんです。
でも、誉めてばかりいると、子どもって調子に乗っちゃうんです。
なので、「誉める」と「叱る」は同じ量であるのが重要なんです。

子どもというのは、重点的に1つの行動を叱り、他の行動で誉められていると、
叱られている行動を減らし、誉められた行動を増やしてゆきます。
なので、叱っていた、「無くしたい行動10項目」のトップの行動を子どもがしなくなったら
トップを消し、2番目の行動を叱ることにします。
誉めていた行動も十分に増えたら、2番目の増やしたい行動を誉めることにします。

これは、きちんとノートか何かに記録をつけてゆくと、
子どもの成長が後から確認出来ます。
変化が分かります。
生活の中だと、子どもの成長って見落としがちですよね。
でも、きちんとリストを作って順番に叱って、誉めて、を続けてゆくと
後から「あ、こんな事、出来なかったんだ」とお母さんが確認出来る訳です。

上司と部下でも、夫婦でも、恋人でも同じです。
人は、誉められると「もっとやってあげよう」と思うようになります。
叱られたり、責められたりばかりだと、
「口を開けば文句じゃないか」と思うようになり、
関係は険悪になってゆきます。

だから出来るだけ、「誉める」ことで、自分も心地よくなれるのです。

お母さんたち、ぜひ、実践してみて下さい。

次回は、子どもにゲームを止めさせる方法について書きたいと思います。