office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

#こどものいのちはこどものもも×Readyfor 「こどもギフト」~社会的養護啓発プログラム~

2018年11月21日

児童虐待防止に取り組むタレントの犬山紙子さん、眞鍋かをりさん、福田萌さん

ファンタジスタさくらださん、坂本美雨さんによる

「#こどものいのちはこどものもの」とReady forがコラボし、

クラウドファンディングにより、社会的養護を必要とする

子ども達を支援する「こどもギフト」プログラムがスタートしました。

昨日、厚生労働省で記者会見を行い、私も同席、コメントさせて頂きました。

Ready forの「こどもギフト」特設ページにも

アンバサダーとして、コメントさせて頂いています。

 

https://readyfor.jp/kodomogift/index.html

東京新聞でも大きく扱って頂きました。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201811/CK2018112102000140.html

 

今回は第1弾として、児童養護施設の修繕費など6施設が

寄付を募っています。

 

実際、児童養護施設や自立援助ホームは資金が足りず、

老朽化した施設を借金で建て替えたりしています。

心理の専門家も予算が足りず、雇えなくて、子どもの心のケアが

出来ない施設もあります。

 

児童虐待を無くしたい。

被害にあった子どものために何かしたい。

でも何をしたらよいのか分からない。

そう思っている人はたくさんいます。

その人達にこのプロジェクトが知られ、

多くの寄付が集まることを望んでいます。

 

社会的養護が必要な子の多くは、親から愛されずに

育った子ども達です。

親に代わって愛を注ぐ。

それは職員や専門家がどれだけ頑張ってもとても難しいことです。

 

このプロジェクトを通して、子ども達が世の中の

多くの大人が自分を支えてくれ、味方してくれている、

と思えれば、子ども達の心の回復にもつながり、

将来への希望も持てるはずです。

 

広がってくれることに期待しています。