office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

12年前の乳児死亡 傷害致死容疑で義理の父親を逮捕~児童相談センター通告受けるも認定せず~

2018年11月10日

12年前に東京都新宿区で生後11か月の桜井亜衣ちゃんが死亡した事件で、

警視庁が義理の父親を傷害致死容疑で逮捕しました。

 

その後の報道によると、2006年6月に

東京都児童相談センターは、母親から子どもの面倒を見られない、

との相談を受け、亜衣ちゃんを乳児院に一時保護し、

同年12月15日に一時帰宅させ、28日に正式に解除としました。

その直後、事件は起きました。

そして当時、病院から、「虐待の疑いがある」と

通告を受けたにも関わらず、亜衣ちゃんがなくなった為、

支援の必要がなくなった、という理由で虐待と認定しませんでした。

つまり、検証もされていない、ということです。

しかも、児童相談センターは、「対応は適切だった」

と発表しています。

 

なぜ、「適切だった」と言ってしまうのでしょうか。

救えたかもしれない命です。

 

リスク要因は確実にありました。

義理の父親である。

加えて、乳児であるにも関わらず、

半年間も親から離れての生活をしていた。

離れていた分、愛着の問題は発生します。

つまりは、子どもが親になつかない、ということです。

 

児童相談所は、親が自発的に

「子どもを預かって欲しい」

と相談してきて子どもを預った場合には、

親が「子どもを帰して欲しい」と言って来たら

子どもを家に帰すのが通常です。

それは、児童相談所が親との信頼関係を重視するからです。

 

ですが、虐待のリスクがあれば、親がどれだけ

子どもを帰して欲しいと言っても、帰さないことは出来ます。

その権限が児童相談所にはあるのですから。

 

児童相談センターは「対応は適切だった」と言っていますが、

適切であったのなら、なぜ事件は起きたのでしょうか。

調査の中で、虐待のリスクが見抜けなかったのは

明らかに調査、判断ミスです。

小池都知事のコメントの中に、

「きちんと手順を踏んだ」

ともありますが形だけ手順を踏めばよいという訳ではありません。

実際、警視庁は、日常的に虐待があったことを

疑っているのです。

 

病院からの通告はきちんと虐待と認定すべきでした。

そして、虐待死亡事例として、検証すべきでした。

虐待死亡事例なのですから。

児童相談所は何を見落とし、何を間違えたのか。

これからでも、やるべきです。

そして公表すべきです。

今後、職員が同じ間違いを起こさないよう、

全国にも検証結果を発表すべきです。

でなければ、虐待死はなくなりません。

 

今月は児童虐待防止月間。

児童相談所の努力が望まれます。