office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

2016年9月

少女2年間監禁事件初公判~被害者の心理~

2016年09月27日

小学生の少女を2年間監禁した事件の寺内樺風容疑者の初公判が行われた、と報道されました。

まず驚いたのは、加害者が被害者に恐怖を与える方法の巧妙さ。
「両親があなたの臓器を売買しようとしている」
「お前はもう捨てられた」
など、子どもが最も怖がる言葉で支配していた、という事です。

私が働いていた児童相談所で出逢った子ども達も、
一番恐れていたのは「親に捨てられること」です。
最も愛して欲しい、愛してくれるはずの親に捨てられる。
それは子どもにとって、最大の恐怖です。
そして
「帰る場所がない」
と思ってしまうと、
「ここにいるしかない」
と思わされてしまう。心理的な絶対的な拘束となります。

そして、加害者は監禁について
「監視していたのは、2週間だけ」
と一部否認しているそうです。

少女が逃げなかったのは、理解が出来ます。
「帰る場所がない」
と思わされただけでなく、
逃げてもきっと捕まるだろう。
家に帰ってもまた連れ去られるだろう。
そして、もっとひどい目に遭わされるだろう。
そう、思ってしまうのです。

DV被害者の心理にも共通しています。
私が児童相談所で出逢ったお母さんで、ひどい暴力を夫に受けながら、
毎日仕事に行き、きちんと家に帰る、という日々を繰り返していた人がいました。
どこに逃げても見つけ出される。
そして連れて帰らされる。
だから一緒に生活し、言うことを聞き続けるしかない。
そう思ってしまっていたからでした。

少女は買い物に行った時、レシートを捨ててしまい、
後から必死に探していた姿を見た人もいました。
完全に、心理的に支配されているからです。
言うことを、聞くしかない。
そう、思わされ続けていたのでしょう。

そして、「両親に捨てられた」という言葉は、
彼女に自己否定感を抱かせたでしょう。
自分はダメな人間だ。
だから、何度か外に出た時に、見かけた人に
助けを求め、相手にされなかったことが
決定的な無力感に結びついたのだと思います。

それでも、パソコンで、自分が公開捜査されている事を知り、
逃げる決意を固められた。
パソコンを見ることが出来て良かった。
これで情報までも遮断されていたら、
彼女は逃げようと思えなかったかもしれません。
外の世界で何が起こっているのか。
今両親はどうしているのか。
それを知ることが出来て、本当に良かった。

ニュースで、量刑は6年程度、と弁護士が予想していました。

短すぎる。
誰もが思うことです。

これから大事なのは、加害者が釈放される時です。
被害者の少女が「無期懲役」を望んだのは、
また探し出される、逆恨みされる恐怖もあるからのはずです。
そして大人が必死に、加害者の釈放時期を隠そうとしても
彼女は知ってしまうかもしれません。
その時には再び強い恐怖が少女を襲うはずです。

だからこそ、加害者の釈放時期には、
大人達が絶対に彼女を守る体制を取る事を伝えてあげなくてはならないのです。
私が出逢って来た、壮絶な虐待を受けた子どもも、
加害者が逮捕され、刑務所に入った後、一番恐れていたのは加害者の釈放でした。

検事さんは、被害者の為に、加害者がいつどこで釈放されるかを
ご両親には教えてくれるはずです。
私も、関係者として教えてもらい、その時に、被害にあった子に
「検事さんもあなたを守ろうとしてくれているよ」
と伝えた言葉に子どもがとても驚いて、そして安心したのを覚えています。

大人はあなたを絶対に守る。
ご両親だけでなく、彼女に関わる大人すべてが、伝えてあげることが
最も恐怖を和らげてあげられると思うのです。

被害者の方がきちんとした治療を受けているかも心配です。
回復には時間がかかると思うけれど、少しずつでも回復してゆける事を望みます。

『児童相談所が子供を殺す』発売になりました。

2016年09月21日

%e3%80%8e%e5%85%90%e7%ab%a5%e7%9b%b8%e8%ab%87%e6%89%80%e3%81%8c%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%82%92%e6%ae%ba%e3%81%99%e3%80%8f%e3%82%aa%e3%83%93%e3%81%a4%e3%81%8d%e6%9b%b8%e5%bd%b1

文春新書から、発売されました。
なぜ児童虐待、虐待死がなくならないのか、なぜ児童相談所は子どもを救えないのか、
そして、どうしたら大人は子どもを救えるのかを書いています。

序章「私が目の当たりにした悲劇」
では、児童相談所の実態について、何が行われているかを
いくつかの事例を通して書いています。

第1章「なぜ虐待死は防げなかったのか」
では、相模原児童相談所事件を分析しています。
虐待されていた中学生の男の子が、児童相談所が関わり続ける中、
そして、「保護して欲しい」と児童相談所に訴え続けたにも関わらず、
保護してもらえず、自殺してしまった事件です。

なぜ、相模原児童相談所は子どもを保護しなかったのか。
でもこの事件は、どこの児童相談所で起こっても不思議ではない事件なのです。
その原因は何か。
それを分析してます。

マスコミのように、「人手が足りない」「専門家不足」
という言葉では片づけられない現実が児童相談所の中にはあるのです。

内容についてはまたご紹介したいと思いますが、
ぜひみなさん、お読みください。
一緒に子どもを救いましょう。

大人の発達障害

2016年09月08日

女性セブン9月8日

今日発売の女性セブンの中の「高畑淳子『裕太の病』と『大人の発達障害』」という特集の中にコメントが載っています。

高畑淳子さんの長男の事件についてはすでにブログに2回書きました。
今回の取材で改めて、ちゃんと伝えなくてはならない、と思ったのは、
発達障害があるから犯罪者になりやすい
という訳では決してない、という事。当たり前の事なのですが。

そして発達障害であっても、社会でちゃんと自立して生きてゆく事が出来るという事。
大事なのは、まず家族が発達障害である事を受け入れつつ、
それはマイナスなのではなく個性としてとらえ、
でも、何が苦手でどんな場面は避けてあげなくてはいけなくて、
そしてどのようなサポートが必要か、という事を
理解することです。

そして出来る限り本人に合っている職業を選択してあげること。

周囲の理解も必要です。
学校に行っている間はまずは学校の先生に理解してもらい、
そして、先生を通して子ども達にも伝えてもらう。

社会に出てからも同僚や上司の人に理解してもらえると
ご本人はぐっと仕事をしやすくなります。
苦手なこと、得意なこと。
どんなきっかけでパニックになってしまうか。
などなど。

大人になってから、周囲の人に受け入れてもらうのは大変ですが、
周囲の人のサポートがあってこそ、自立してゆけるのです。

そもそも、発達障害でなくても、人にはそれぞれ、発達障害に近い特徴はあります。
落ち着きがない。じっとしていられない。
片づけられない。
物忘れがひどい。
集中出来ない。
物をよくなくす。

誰でもがあっておかしくない特徴です。
その意味で、やっぱり「障害」って言葉が良くないと思うのです。
「障害」って言われる事での親のショック、本人のショックはとてつもないものです。

「うちの子は障碍者じゃない」
と頑なに受け入れを拒むお母さんもたくさんいました。
その結果、全ての責任をお母さんが負いつつ、周囲に謝罪を繰り返し、
そしてお母さんは孤立して行く・・・
そういう事態が一番避けたい事態です。
追い詰められたお母さんが、子どもに言うことを聞かせるために
叩いてしまう。そんなことにもつながりかねません。

「障害」に代わる、受け入れやすい言葉が見つかると良いのですが・・・
そして多くの人達に、発達障害について理解して欲しいと思うのです。

青森中2女子いじめ自殺事件~LINEからは逃げられない~

2016年09月06日

青森で中2の女の子がいじめによって自殺する、という事件が起きてしまいました。

被害者の女の子は、LINEによるいじめに苦しんでいた。
そして、家族で話し合い、転校も考えたけれど、
LINEやツイッターがある限り、逃げられないと思った。

まさにその通りだ、と思いました。
大人達は、子どものスマホ依存、LINE依存を問題としてとらえます。
児童相談所でも、「子どもがスマホを手放さない」という相談はたくさん受けました。

子どもはスマホに、LINEに「依存」しているのでしょうか。

多くの子ども達と会って来て、私は違うと思うのです。
子どもは依存しているのではなく、スマホを手放せないのです。
LINEから目を離せないのです。
グループLINEが始まってしまったら、終わるまで絶対参加しなくちゃいけない。
でなければ、明日、話に入れなくなっちゃう。明日から友だちじゃなくなっちゃう。
グループじゃなくても、LINEが送られて来たら、すぐに返事をしなくちゃいけない。
返事をしないと
「既読するーかよ」
と怒られてしまって、友だちじゃなくなっちゃう。

これが子ども達の心理です。
それは、依存ではなく「恐怖」だと思うのです。
スマホを手放した瞬間、自分が明日から仲間外れにされる、いじめられる危険にさらされるのでs。

いじめられている子であってもそうです。
LINEに入って来るのが悪口だと分かっているのなら、見なければいい。
そういう大人も多いです。
でも、そんなこと、出来ないんです。
LINEは読んでない事も分かっています。
「ちゃんと読めよ」
と責められてしまう。
そして、悪口を言われている本人こそ、その内容を確認したいのです。
何を言われているのか。そしてそこには何人が参加しているのか。
全く確認出来ないよりも、確認出来た方が少しだけ安心するのです。
確認出来ない方がよっぽど怖いんです。

調査をする。第三者委員会を設置する。
繰り返されて来たこの方法で、こども社会のいじめは解決されるのでしょうか。
大人が子ども達とスマホの関係を理解出来ていない。
子どもの心理に手が届いていない。
それが一番の問題なのです。

昨日はLINEが格安スマホを販売するというニュースが流れていました。
今後、LINEはますます普及して行くでしょう。
そして今や、お父さん達は仕事でLINEを使います。
お母さん達はママ友達とLINEをしています。
気付けば、食事中、家族全員がスマホをいじっていて、
家族間のコミュニケーションもLINEで行われるようになって来ています。

LINEは便利なツールです。誰もが利用したいのは当然だと思います。
けれど、これ以上子どもを苦しめ、家族同士のつながりすらも希薄にしてしまうのを
どうにか防ぎたいと思うのです。
その方法を、考え続けなくてはならないと思います。
子どもを救うために。

高畑淳子長男強姦致傷事件~必要なのは育て直し~

2016年09月05日

先日ブログに書きましたが、高畑淳子さんの長男の事件の報道が続いています。
高畑淳子さんの謝罪会見の必要性や芸能界に戻ることについても議論されています。

私は、芸能界の人間ではないので、謝罪会見の必要性については分かりません。
ただ、高畑淳子さんが責められ続けるべきではない、と思うのは、
先日ブログに書いた通りです。

でも、今一番高畑さんがしなくてはならない事は、長男の「育て直し」なのだと思うのです。
ご自分の子育てを振り返り、何が間違っていたのか、
ご自分の母親としての行動の何が、どんな風に長男の行動に影響を与えたのか。
そしてこれから母親として、どうやって育て直しをすれば良いのか。
長男の裕太容疑者は、社会で生きていく上でのルールや
自分の行動への責任の取り方など、学べていないはずなのです。
あるいは何かを間違って学んだはずなのです。

私のオフィスにも30歳を超えた息子の家庭内暴力で悩むお母さんが相談に来ています。
子育てを振り返ってもらい、お母さんのどんな発言が、行動が、今の子どもの問題につながっているのか
を理解して頂きました。
お母さんの子育ての何が、「暴力」で意思を通そうとする行動を学ばせてしまったのか。
遅すぎる事はありません。
私はそう言い続け、息子さんにどう接してゆけば良いか、
年齢相応の大人として、自立して生きてゆくために、今から何を学ばせたらいいのかを
アドバイスし続けました。
お母さんは私のアドバイスをきちんと実行してくれたので、
息子さんの暴力はすっかり解決しています。

年齢的には大人でも、自立できていなくて、お母さんに甘えて、依存している大人はいます。

高畑淳子さんの子育ての間違いは、
愛し過ぎたこと。
手をかけ過ぎたこと。
息子を大事にし過ぎて全ての責任をお母さんが負ってしまった事。

愛し過ぎたあまりなのだと思います。
でも、だからこそ、これから、長男が自立した、自分の行動に責任の取れる大人になる為に、
高畑淳子さんは母として育て直しをしてあげることが必要なのだと思います。

大人の育て直しはお母さんだけではとても難しいことです。
高畑さんが専門家の力を借りて、育て直しをしてゆけるといいな、と思います。
子どもがいくつであっても遅すぎる事はないから。
そして育て直しは親にしか出来ないことだから。