office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

2017年3月

児童相談所に子どもを保護されてしまったお父さん、お母さんのお悩み~せめて先に教えてくれていれば・・・~

2017年03月13日

児童相談所に突然、なんの前触れもなく、子どもを保護されてしまった
お父さん、お母さん達は、まず驚き、何が起こったのか分からずに
戸惑います。

大半のお子さんは保育園や学校、学童などから保護され、
事前にはお父さん、お母さんに、なんのお知らせもありません。
児童相談所は親の承諾なく、子どもを一時保護出来る権限があります。
これは、今までにも書いてきましたが、職権保護、と言われます。

いつも帰って来る時間になっても、子どもが帰って来ない。
あるいは、保育園に子どもを迎えに行ったら、
「保育園にはもういません」
と説明される。
驚き、戸惑うのは当然です。
もちろん、子どもを保護した事については、その日に児童相談所から
電話で知らされますが、あくまで電話なので、詳しい話は後日、となります。
これからの話し合いの日程も、児童相談所からの連絡を待って下さい、と言われます。

大半のお父さん、お母さんは悲しみながら途方にくれます。
何をしたらいいのか分からない。
ただ、電話を待つしかないのか。
子どもは今、どこで何をしているのだろう。
児童相談所の人に、何を話しているのだろう。

そして、子どもも、
「2~3日で家に帰れるから、とりあえず児童相談所に行こう」
と説明されて保護される子どももいます。
2~3日と言われたのに、3日間経っても誰も会いに来ない。
一時保護所は思っていた場所と全然違うし、
一体、いつ帰れるのかも分からない。
「話が違う」
と不満を抱く子がいるのも事実です。

やはり子どもをいきなり保護されてしまったお母さんは言いました。
「せめて、先に、子どもを叩いたりすると、いきなり子どもを
 連れて行かれてしまうって、教えておいて欲しかったです」
その通りですね。
もちろん、知識として、児童相談所が虐待されている子どもを保護する、
という事を知っている方は多いと思います。
けれど、しつけの範囲と考えて、本当にまれに、例えば月1回とか、
子どもを叩いてしまうことが児童相談所に「虐待」と判断され、
急に子どもを連れて行かれ、結果子どもが数か月戻ってこない事になる、
なんて、知らない人が大半です。

一方で、子どもが
「お父さん、お母さんに叩かれる」
と言っているのに放っておくのも心配です。
相模原市児童相談所事件を覚えている方もいらっしゃるかと思います。
相模原市で虐待を受けていた中学生の男の子は、
学校で父親から暴力を受けていることを話し、
児童相談所には助けを求め、
それでも保護してもらえず、自殺してしまいました。

本当に、保護が必要な子と、保護が必要ではない子。
その見極めが一部の児童相談所には出来ていないのだと思うのです。
児童相談所の職員は、子どもと話をして、すぐに子どもを保護しなければ危険な家庭なのか、
一旦は家に帰しても大丈夫な子なのか、その見極めです。
一旦家に帰す際に、お父さん、お母さんに
「次に同じことがあったら、絶対に保護するよ」
と伝える。このプロセスが踏まれていれば、お父さんお母さんも、納得できるはずです。

子どもが助けを求めるという事は、子どもを保護にあたって、
最優先すべき事柄です。
けれど、最優先されていない現実もあり、
緊急で保護が必要ではない子どもが保護されることもある。
世間も、子どもを保護されてしまった親御さんも疑問を抱いても仕方がありません。

児童相談所がどんな権限を持っていて、何が出来るのか、
どういう基準で判断するのか、それは広く世間に知られなくてはなりません。
同時に、誰もが疑問を抱く事のない、明確な基準と専門性が必要だと思うのです。

児童相談所は本当に子どもを守る組織、
そして家族を無駄に傷つけることのない組織になって行って欲しいです。

児童相談所に子どもを保護されてしまったお母さん、お父さんのお悩み~児童相談所の謎~

2017年03月02日

児童相談所で働いていた時から、児童相談所に関する色々な情報が
ネットで流れているのは知っていました。
ですが、今、ご相談にいらしているお母さんやお父さんが
ネット情報によってとても不安になってしまっているのが
よく分かって来ました。

子どもを児童相談所に保護されてしまったお父さん、お母さん達は
多くの疑問や不安を抱いています。

「子どもを1人保護すると、児童相談所は30万円もらえるって本当ですか?
 児童相談所がお金目当てで子どもを保護してるって本当ですか?」
「暴れる子や、手のかかる子はすぐに精神科の薬を飲まされるって本当ですか?
 うちの子は大丈夫?」
「児童相談所に『子どもを帰して欲しい』と強く言うと、
 逆に帰してもらえないって本当ですか?」
「子どもが保護されてしまうと、何年も帰って来ないって本当ですか?」
「児童相談所に『こちらから連絡するので、連絡を待って下さい』って
 言われたけど、自分から児童相談所に電話しちゃいけないんですか?」
「一時保護所ってものすごく厳しいって本当ですか?」
「児童相談所の言うことは全部素直にきかなきゃいけないんですか?
 反論すると子どもは帰って来ないんですか?」

こんな不安を抱えていたら、毎日がとても辛いですよね。
ネットで調べると、どんどん不安が強くなってしまいます。

お子さんを児童相談所に保護されてしまい、多くの不安を抱えて困っていらっしゃるお父さん、お母さん。
児童相談所で働いていた経験に基づいて、お答えします。
不安を抱えたままでいずに、ご相談下さいね。