office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

2017年6月

ロイター通信配信記事、翻訳版出ました。「ケアより規律、被虐待児童が直面する一時保護所問題」

2017年06月27日

先日お知らせした、ロイター通信から配信された
児童相談所の一時保護所に関する記事の翻訳版が出ました。

「ケアより規律、被虐待児童が直面する一時保護所問題」

http://jp.reuters.com/article/japan-child-shelters-idJPKBN19E0KD

日本の児童相談所の一時保護所についての記事です。
一時保護所の生活が、虐待を受けて来た子どもを
ケアする場所ではなく、子どもにストレスを与える場所、
という事が書かれています。
私のコメントも載っています。

記事を読み、改めて、考えさせられました。
一時保護所は、第2次世界大戦後、戦争孤児や放浪児に
食事や寝る場所を与えるために設置された。
しかしその後、70年間、ほとんど変わっていない。
保護すべき、対象となる子どもが変わってきているのに。

厚労省の役人も
「一時保護所が今のままでいいなんて、誰も思っていない。」
と明言。それなら、なんで変わらなかったのでしょうか。
変えようとしなかったのでしょうか。
これだけ、児童虐待の問題が深刻化し続けているのに。

そして精神科医が一時保護所の生活は、
子どもにトラウマに近いストレスを与える、とコメントしています。

親からの虐待によるトラウマを抱えた子どもが
保護された先で、再度トラウマを抱えることになる。
そんな事、あってはならないはずなのに。

「日本は子どもに優しいイメージが強い」
という記事の中の言葉が心に響きました。
日本は子どもに優しいのでしょうか。
児童相談所の問題だけではなく。
待機児童問題は解決されないまま。
子どもの貧困問題も深刻化され続けているのに、
改善されないまま、子ども食堂が美談にされる。
それは、国が何も出来ず、子ども食堂に
頼らざるを得ない、という事なのに。

恥ずかしいから、子ども食堂には行かれない、
あるいは親が、行くなというから行かれない。
そんな子どももたくさんいます。
その子達は、児童相談所に保護された子ども同様、
世間には知られていません。

日本は子どもにお金をかけない国。
私にはずっとそう見えています。
一時保護所の問題も、解決されるのにはきっと時間がかかるでしょう。
ですが何より、海外メディアから指摘される事は
恥ずべきことだ、という事に気づかなくてはならないと思うのです。

ラジオ日経 収録風景です。

2017年06月22日

ラジオブログ用写真

ロイター通信の記事にコメントが載りました。

2017年06月22日

かなり長い間、取材を受け、取材協力をして来た、
ロイター通信の記事がやっと配信され、
短いですが、名前とコメントが出ました。

http://www.reuters.com/article/us-japan-child-shelters-idUSKBN19D00D?il=0

まだ英語記事しかなくて申し訳ないです。
これから翻訳版も届き次第載せたいと思います。

内容は、児童相談所についてと、
児童相談所の一時保護所についてです。

一時保護所とはどんな所か。
子どもにとって過酷な環境である
一時保護所に、
児童福祉法に定められた一時保護期間
2か月を超え、3か月、4か月、と
保護され続けている子どもがいるのはどうしてなのか。
児童相談所側にどんな問題があるのか。

なかなか、日本のメディアでは掘り下げてくれない問題です。
短い記事ですが、世界に発信出来た事は、とても嬉しく思っています。
これを機に、日本の児童相談所が少しずつ
改善されてゆくこと、
本当の意味で子どもを守れ、
そして子どもを大切にする組織になってゆくことを
望みます。
そして私も頑張り続けます。

ラジオNIKKEI、まだ聴けます。

2017年06月22日

先日、ブログでお知らせした、
ラジオNIKKEIのBIZ&TEC Terminal
既に放送した分、1週間以内なら
先週分が聴けます。

http://radiko.jp/share/?sid=RN2&t=20170619222000

ご興味のある方、ぜひ聴いて下さい!

ラジオNIKKEI、収録終わりました。

2017年06月16日

先日お知らせした、来週、再来週放送の
ラジオNIKEEIのBIZ&TEC Terminalの
収録が無事終わりました。

パーソナリティは日経ビジネスの
柳瀬 博一さん。
本当にたくさんの方のお話を聞いて
いらした方との事で、とても上手に
話を聞いて下さり、すごく話しやすかったです!

話した内容は・・・

そもそも、児童相談所ってどんな所?
児童福祉司ってどんな仕事をする人?
そして、どんな人が児童福祉司をやってるの?

さらには、
児童相談所への虐待相談件数は
激増し続けているけれど、
これはどうしてなのか。
虐待が増え続けているからなのか。

相模原市相談所事件では、虐待され、
保護を求めた子どもが、保護してもらえず、
自殺してしまったけれど、
どうして児童相談所が子どもを守れない、
ということが起こってしまうのか。

虐待する親ってどんな親?
報道にある、子どもを殺してしまうような親ばかりなのか。

児童相談所は、虐待する親に、
何をすべきなのか。
子どもを守るためには何をすべきなのか。

そして、児童福祉司は、本当に大変な仕事なのは事実で、
ではどんな所が大変なのか。

最後は、児童相談所が変わってゆくために
何をすべきなのか。

こんな事を話しました。

スタッフの方も良い方で、
和やかな雰囲気の中、収録を終えられました。

柳瀬さん、スタッフの皆さま、ありがとうございました!
そして皆さん、ぜひ聞いて下さいね!

来週月曜19日と再来週26日の22:20から
ラジオNIKKEIです!

来週の月曜と再来週の月曜 ラジオNIKKEIの「BIZ&TECH Termeinal」に出演します。

2017年06月13日

来週の月曜6月19日と再来週月曜6月26日、
ラジオNIKKEIの「BIZ&TECH Terminal」に
出演します!
http://rn2btt.radionikkei.jp/

児童相談所の事について、お話します。

以前出した書籍
「告発 児童相談所が子どもを殺す」
では、児童相談所の問題点についてばかり
書きましたが、今回のラジオでは、
児童相談所の仕事がいかに大変か、
児童福祉司は精神的に疲弊してしまうような
仕事である事、
そして児童相談所で虐待の相談を受ける中でも
嬉しい事はたくさんあって、
嫌な事ばかりの仕事では決してない事を
お話します。

さらには、虐待する親は、ニュースで
報道されるような、悪意を持って
子どもを虐待する親ばかりではなく、
子どもを叩いてしまう事に苦しんでいる親御さんや、
子育ての仕方が分からない親御さん、
児童相談所に子どもを保護されてしまったけれど
どうして保護されてしまったのか
分からなくて苦しんでいる親御さんの事や、
子どもに幸せになって欲しくて
必死にお勉強や習い事をさせている事を
虐待と言われて悩んでいる親御さん、
そんな親御さんがいる事も
お話します。

放送時間は22:20からです。
皆さん、ぜひ、聞いて下さい!