office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

2018年3月

里親の80%以上「養育困難を感じる」 NHK調査~里親制度の問題~

2018年03月30日

NHKの調査により、里親の80%以上が、

預かった里子を育てるのに困難を感じていることが分かりました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180328/k10011381891000.html

広く知られるべき事実だと思います。

児童相談所が保護する必要がある子どもは、

大半が愛着に問題を抱えています。

大人に懐かない。

可愛がっても反発を繰り返す。

嘘をついたり、物を盗んだりする。

何度注意しても同じことを繰り返す。

 

こうした子ども達を育てるのは、経験を重ねた施設職員でも大変な事です。

里親さんが大変な苦労をするのは当然で、

しかし、その苦労についてはまだまだ知られていません。

 

そして委託解除の経験を持つ里親さん、

つまり、子どもを育てられない、と児童相談所に

帰さざるを得なかった里親さんも25%。

私の児童相談所勤務経験からは、もっと多い印象です。

それは、子どもの愛着の問題が深刻だからであり、

里親さんのせいではありません。

けれど、子どもにとっても、里親さんにとっても、

心の傷として残ってしまいます。

 

こうした状況は、やはり里親さんを支える制度がないからです。

以前に比べれば、児童相談所の里親支援は手厚くなってはいますが、

それでも、日々の悩みや苦しみを丁寧にサポートする、

という状況には至っていません。

 

真実告知も、児童相談所が子どもに対して何もしてくれない、

という不満もよく聞きました。

どの様に真実告知をしたらよいか、と

私の所にご相談にいらっしゃる里親さんもいらっしゃいましたが、

ごく一部の方で、いずれかは児童相談所の児童福祉司が

真実告知や生い立ちの整理をしてくれるだろうと期待していたけれど、

いつまでもやってくれない、という不満を抱く方の方が多かったです。

 

私は、児童相談所に勤務している間ずっと、

子どもを帰さざるを得なくなった里親さん達の

事例集を出すべきだと言い続けていました。

それにより、まず児童相談所の職員が、

里親委託にはどんな困難があり、里親さんがどれだけ苦しむかを

理解する必要があると思ったからです。

けれど、私の主張は実現される事はなく、

里親の体験発表会では綺麗な話ばかりが発表されていました。

 

もちろん、里親の登録研修や、実際に委託をお願いする時には、

児童相談所が保護する必要がある子どもを育てる大変さは

説明しますが、実際に子どもを預かる前に聞いても、

実感が持てないのは当然です。

 

これから、里親委託率を増やす方向は続いていくと思います。

けれど、これまで、里親委託に対して、児童相談所は慎重であったにも関わらず、

今回の調査のような結果が出ています。

アンケートに答えていない里親さんの中には

もっと苦しい思いをした方もいらっしゃると思います。

 

私も、児童相談所で働いていた時、里親委託率を増やすよう、

年度内に何人子どもを委託するか、数値目標を出すよう、

管理職に言われたことがありました。

子どもの人生を、職員の数値目標で決めるなんて

出来るはずがないので、もちろん無視しました。

営業じゃないんだから。

 

里親委託率を増やす方針を出す厚労省の職員、

そして、児童相談所の職員に、委託率を増やすよう指導する管理職は

まず、自分が里親を経験すべきだと思います。

大変さを経験したら、きっと、里親委託を増やすのは難しいと気づくでしょう。

 

子育てに苦労され、相談にいらっしゃっている里親さんもいます。

私もこれからも、困っている里親さん達の力になれるよう頑張ります。

愛知 児相保護の少年自殺、手紙を公表せず

2018年03月26日

愛知で、児童相談所に保護された子どもが

保護所内で自殺してしまう、という事件が起こりました。

信じられない事です。

子どもの安全を守るための一時保護所で

子どもが自殺してしまうなんて。

心理士も会っていた、と報道にはあります。

子どもの心の状態が全く分からなかった、という事なのでしょうか。

心理の専門家なのに。

そして、子どもが家族あてに書いた手紙のことを公表せずにいた。

https://www.asahi.com/articles/ASL3T5403L3TOIPE00M.html

これも、信じられないことです。

なんで隠したのでしょうか。

隠す理由が見つかりません。

児童相談所が勝手に

「公表する必要はない」

と判断したのでしょうか。

 

それでも、会見は適切だった、と言い切ってしまう。

自分達の問題を、絶対に認めないんですね。

だから信用されなくなってしまうのに。

東京目黒 5歳長女虐待死事件、TBSのニュースキャスター情報7daysでインタビューが流れました。

2018年03月12日

先日ブログに書いた、東京都目黒区碑文谷で起きた

5歳長女虐待死事件の取材を受け、

3月10日TBSで北野武さんとアナウンサーの安住さんがやっている

ニュースキャスター情報7daysでインタビューが流れました。

やはり、皆さん、どうして虐待死がなくならないのか、

疑問を抱いているのですね。

放映はされませんでしたが、東京都は、児童相談所の職員は

専門家に限らないこと、一般の公務員、事務職の人も

児童福祉司として働いていることも驚きなんですよね。

 

群馬県高崎市でも生後2か月男児が

父親から虐待を受け、意識不明の状態。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180306/k10011353221000.html

こちらの事件も、週刊女性の取材を受けました。

母親は、出産前に、児童相談所に、

「お金がなくて育てられない」

「施設に預けたい」と相談していたそうです。

その後、「親に協力してもらって、2人で育てます」

と言って来たそうですが、

ハイリスクな家庭、と判断してもっと丁寧に

関わるべきだったと感じます。

実際に、親に協力してもらえるのか、

その確認すらしていなかったとの事。

 

母親が「育てられない」と言ったら、

本当に育てられない、という事です。

しかも出産前から相談していたのですから。

そして、内縁の夫、というリスク要因もあったのです。

もっと丁寧に関わっていれば、

絶対に子どもは助かったのに。

 

悲しい事件が続きます。

児童相談所が変わらなければいけないと思うのです。

 

東京目黒 5歳長女虐待死事件~昨晩、TBSのニュース23でコメントさせて頂きました

2018年03月06日

東京都目黒区碑文谷で、5歳長女虐待死事件が起きてしまいました。

www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201803/CK2018030402000125.html?ref=rank

昨晩、電話取材でしたが、TBSのニュース23でコメントさせて頂きました。

今までの経過を見て、驚きました。

リスクが大き過ぎるのです。

まず、香川の児相が虐待で2度一時保護し、2度目も家に帰している。

前のブログにも書いていますが、2度目の保護が必要な子どもは家に帰せない子どもです。

一度児童相談所が保護した後も、虐待をした親は

今後も繰り返す、という事だからです。

そして2度目の保護から家に帰した後も、傷、あざで病院が児童相談所に

通告しているのに、香川の児童相談所は保護していない。

これも信じられません。

この時点で、施設に入れるべきだった、と私は思います。

 

今年1月、東京に転居。

虐待で子どもを保護された両親は、引っ越しを望む場合は多いです。

同じ場所にいるとずっと虐待を疑われ、児童相談所に見張られ続けるからです。

この両親もそうだったのかもしれません。

 

引継ぎを受けた品川児童相談所は、2月9日に訪問し、

母親に関わりを拒否されて、子どもに会えず。

その後の小学校の入学説明会でも子どもに会えず。

 

2月9日の訪問以降、品川児童相談所は何をしていたのか、と思ってしまいます。

 

転居後、子どもの姿を誰も見ていない。

幼児なのにも関わらず、児童相談所に2度保護されている。

家に帰った後も、傷、あざで通報があった。つまり虐待は繰り返されていた。

父親は実の父親ではない。

子どもは「お父さんに叩かれた」「施設がいい」と言っていた。

 

ハイリスクとしか言いようがありません。

品川児童相談所は何が何でも、子どもの様子を確認する必要がありました。

母親が「会わせたくない」と言っても、連日訪問すべきだったと私は思います。

事件後に分かったことですが、栄養状態が悪く手足はガリガリだったそうです。

無理にでも子どもの姿を見ていれば、事件は防げたはずです。

 

東京都は「母親との信頼関係を築こうとした」とコメントしているそうですが、

一方で、親の許可なく、強硬に保護し、親が、帰して欲しいと言っても子どもを帰さない、

ということはやっているのです。

それなのに、本当に保護が必要な子どもを保護せず、子どもが死んでしまう。

あってはならないことです。

 

担当者はリスクに気づけなかったのでしょうか。

香川で措置解除になっていた、という報道もあり、

それが品川児童相談所の受け止めを軽くしたのでは、

という報道もありますが、児童相談所の職員なら、

香川での経過を見るだけで、ハイリスクな家庭、と気づかなくてはなりません。

担当者は、経験が浅い、あるいは児童虐待についての知識がなかったのでしょうか。

だから、児童相談所で働く人間は、専門家のみにすべきなのです。

 

これから死亡事例検証が行われます。

今までのように、児童相談所の事を絶対に悪く言わないメンバーを集めての検証は

意味がないので本当に止めて欲しいです。

 

どうして、品川児童相談所が子どもに、親に拒否されても会おうとしなかったのか。

どうして2月9日の訪問以降、放っておいたのか。

どうして「大丈夫」だと思ったのか。

それを明確にして欲しいです。

 

母親との関係を築こうとしていた、とか。

他に、緊急の案件が重なっていた、とか。

関係機関や主任児童委員に見守りを依頼していた、とか。

小学校に入学したら、様子を確認出来ると思った、とか。

 

そんな言い訳で終わらせてもらっては困ります。

子どもが一人亡くなっているのです。

同じことが繰り返されてしまいます。

そして、どうしてこの子を保護しなかったのかの理由を明確にしてもらわなければ、

強硬に子どもを児童相談所に保護され、長期間帰してもらえなかった

親御さんたちも、納得出来ません。