office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

2018年10月

港区一等地に児童相談所設置に賛否

2018年10月17日

港区が南青山に児童相談所の設置を決め、

地元住民からは、反対の声も多くあがっています。

この件、で昨日、フジテレビの

「直撃LIVE グッディ」に生出演しました。

番組の中で、住民説明会の中での住民と区職員との

やり取りの音声も聞きました。

 

地元住民が反対する理由の一つは総額100億円という資金。

なぜ100億もかけて、一等地に立てる必要があるのか、

もっと別の場所があるのではないか、などの意見が出ていました。

確かに、なぜ土地の価格が銀座に並ぶほど高額な、

南青山に児童相談所を設置するのか、その説明は不十分と私も思いました。

ただ、なぜ南青山ではいけないのか。

それに関する地元住民の意見の中には

「南青山にふさわしくない」

「外国人観光客になんのアピールもない」

などの他、

「なぜ100億もかけて触法少年のための施設を作るのか」

という意見、そして触法少年を保護する施設を作ることでの

治安の乱れを心配する住民の声もありました。

 

住民の声を聞くことで、児童相談所というのは

本当にイメージが悪いんだな、ということが

とてもよくわかりました。

 

住民の方々の不安も理解出来ない訳ではありません。

ですが、法に触れる行為をした子どもたちも、

親から虐待を受けていたり、心の傷が非行の原因になっていたりもするのです。

そして、虐待を受け、助けてあげなくてはいけない子どもが

たくさんいるのも事実です。

 

そして、児童相談所が子どもを預かる、一時保護所というのは

子どもを外には出すことはしません。

それは子どもの安全を守る為です。

そして、子どもが暴れたり、一時保護所から逃げたりしないよう、

管理は徹底されています。

騒音公害の懸念も出ていましたが、

防音対策も必ずします。

 

何より理解して欲しいのは、

児童相談所は子どもを救う場所であり、

子どもを幸せにしてあげる場所です。

児童相談所が設置されることにより、

悪いことが起こると思って欲しくないです。

港区の品位が下がる、という意見もありましたが、

そんな風に思って欲しくない、と思います。

 

ただ、港区側の説明不十分さも指摘出来ます。

配ったチラシは計500枚。

土地買収後にホームページを開き、

区民全体への説明会はつい先日。

 

これから、東京都の児童相談所は各区に移管されてゆきます。

各区で、同様のことが起こると思います。

どうしたら区民に納得してもらえるか。

その方法を各区で検討する必要もありますし、

児童相談所とはどういう所かを理解してもらう必要もあると思います。

 

 

児童相談所虐待サイン見逃す 女児重症

2018年10月09日

愛知県一宮市児童相談センターが虐待の疑いの通報が入ったにも関わらず、

対応せずに2か月後に3歳の女の子が腹部に重傷を負い

入院していたことが分かりました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36250120Z01C18A0CN0000/

 

当初の通報で、児童相談所が子どもを保護しなかったのは、

怪我の程度が軽微で、母親とも話が出来ていたから、との報道もあります。

 

前回のブログで、目黒の船戸結愛ちゃんの虐待死検証報告から、

さらに児童相談所の問題点について書きました。

 

やはり大きな問題は、児童相談所が子どもを強制的に保護出来る

権限を持ちながら、親との信頼関係を結べ、と言われる点です。

 

愛知の児童相談センターの担当職員も、親との関係を優先したのでしょう。

話が出来るから。

必要があれば指導出来る。

そう思って、それ以上深く踏み込まない児童福祉司はいます。

そして、その担当児童福祉司の判断が本当に正しいのかどうか、

そのチェック機能がないのも児童相談所の問題です。

判断は、児童福祉司個人の裁量に委ねられ、誰もチェックはしないのです。

船戸結愛ちゃんの事件でも、香川の伝え方に問題があったにせよ、

東京の品川児童相談所がチェック機能を働かせていれば、

事件は防げたかもしれないのです。

 

児童虐待件数は過去最高。

以前から書いている通り、児童虐待に関する知識がない

自治体職員が児童相談所で

「児童福祉司」として専門家として働くことは

もはや許されることではありません。

 

児童虐待を増やさない為には

児童相談所の構造上の問題を解決することが必要です。

個々の事件の検証も必要ですが、

児童相談所という組織を変える必要があるのです。

 

 

目黒虐待死事件 検証報告 専門委「あぜんとした」 児相問題点再検証

2018年10月05日

目黒で5歳の女の子、船戸 結愛ちゃんが両親の虐待によって

亡くなってしまった事件の検証報告が発表されました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000532-san-soci

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6298938

 

ヤフーニュースには、専門委が「あぜんとした」

とあります。

私も驚きました。

 

香川は2度、結愛ちゃんを一時保護しておきながら

リスクアセスメントシートを作成していなかった。

また危険度を中程度から変更しなかった。

東京への転居を理由に、指導措置を解除していた。

東京への移管に際しても、虐待の証拠となる写真も送っておらず、

東京が危険性を認識出来なかった、などの問題点が指摘されています。

また、香川は、2度結愛ちゃんを一時保護しながら

「怪我の時期が特定できない」という理由で家裁に

施設入所の申し立てをしませんでした。

病院から、「施設入所が必要」との訴えがあったのにも関わらず、です。

 

香川の児相は反論しているそうです。

反論の余地があるとは思えないですが。

しかも人手不足を理由の一つにしているのも理解出来ません。

 

香川県の児童相談所に非があるのは明らかです。

責任は重いと言えるでしょう。

リスクアセスメントシートを作成しなかったのは、

手引き違反と指摘されており、お役所にありがちな「怠慢」だったかもしれません。

ですが、リスクアセスメントシートを、作成していたとしても、

香川の方針は変わらなかったように私は思います。

香川の児相は、そもそも、結愛ちゃんの家庭の

虐待を、深刻、と判断していなかったのではないでしょうか。

だから、家庭裁判所に結愛ちゃんの施設入所の申し立てをしなかった。

それはつまり、強制的な親子分離は必要ない、と判断した、ということです。

だからこそ、東京の品川児童相談所に虐待の深刻度が

伝わらず、香川の児相は事件後の取材に

「こんなことになるとは思わなかった」

と平然と答えたのではないでしょうか。

 

香川の責任は重いと言えますが、

それでも、東京の品川児相が、今までの経緯から

虐待の深刻度に気付くことは出来たはずだ、と私は思います。

転居も、虐待のレッテルから逃れるためであり、

転居を機に虐待が再発する可能性が高い、と

考えることは出来たはずです。

 

それでも、品川児相は、2度の家庭訪問で、

母親に拒否され、結愛ちゃんの姿を見ることなく、帰ってしまいました。

その点は品川児相の判断ミスです。

結果、事件は起きてしまったのです。

 

こうした香川と東京の児童相談所の対応に問題が

生じた原因には、児童相談所の構造上の問題があります。

 

児童相談所は子どもを親の許可なく強制的に保護する権限が

ある一方で、虐待する親と信頼関係を作れ、と言われます。

この矛盾する役割を児童相談所が担わなければならない為に、

子どもの安全が優先されない場合があるのも事実です。

 

香川の児相が結愛ちゃんを施設に入れようとしなかったのは

親が拒否したからに違いなく、

それは親との関係を優先したからに違いありません。

親が強硬に反対するから、子どもを施設に入れない。

どこの児童相談所でもありがちなことです。

 

国は、現認出来ない子どもは原則立ち入り、

という方針を出しましたが、そもそも児童相談所は

立ち入り権限を持っています。

目黒の事件でも、母親が玄関を開けてくれたのなら

その場で児童相談所職員は強制的に家に入ることは出来たのです。

それでも入らなかったはやはり親との関係を優先したからです。

 

原則立ち入りを実現する為には、子どもの

姿を現認出来ない場合は、その場で児童相談所の

職員が110番し、警察官に来てもらい、

警察官と一緒に子どもの姿を確認する、

などのルール作りが必要です。

今までも権限があったのに、立ち入りして来なかった児相が、

国が方針を出したから、とやるようになるとは思えます。

警察のと全件共有も役割分担が不明確で、十分とは言えなません。

警察も情報だけもらっても何をしたらよいか

分からなくて困るでしょう。

 

そして児童福祉司の増員も解決にはつながりません。

現在、多くの自治体において、児童福祉司は自治体の職員でしかないのです。

児童福祉司は資格名ではなく職名に過ぎません。

児童相談所は自治体職員が配属される職場の一つに過ぎないのです。

 

つまり、児童虐待に関する知識が全くない素人や、

児童相談所で働きたくないと思っている人間が

子どもの命に関わる重要な判断を行っている、ということです。

だから判断ミスが起こるのです。

 

私が勤めていた間も、その後も、児童相談所の職員は

増え続けました。それでも児童虐待は増え続けています。

児童虐待件数は過去最悪の3万件を超えました。

今までと同じようにただ人手を増やすだけでは、何も変わりません。

 

児童相談所を本当に子どもを救える組織にするには、

児童相談所の構造的な問題を解決することが必要です。

まずは、子どもの安全を絶対的に優先する虐待対策チームと

親との関係作りに徹する指導チームに分けることが必要です。

 

そして職員採用も、児童相談所職員採用にすべきであって、

その後の育成にも時間をかける必要があります。

児童相談所というのは極めて特殊な職場であって、

虐待に関する知識があったり、相談経験があるだけでは

十分ではありません。

家庭裁判所職員や、国税専門官のように、

採用後の育成に時間をかけるべきなのです。

 

そしてそもそも、児童相談所が児童虐待の専門機関ではない

ということも大きな問題です。

 

今後、虐待死をなくす為に、児童虐待を減らすためには、

今まで繰り返した来た対処療法ではなく、

児童相談所の構造的問題を根本的に解決する、

という覚悟が国には必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週刊新潮「私が施されたセックス・カウンセリング」臨床心理学の権威 長谷川博一氏の裏の顔

2018年10月01日

先週発売の週刊新潮10月4日号に

カウンセラーとして著名な長谷川博一さんが

クライアントである女性と性的関係を持っていた、

という記事が載りました。

 

 

 

 

 

オンライン記事がないので、PDFですみません。

記事全文はこちらです。

 

長谷川博一氏 記事

ツイッターでは少し話題になっているようです。

 

記事内容は、カウンセラーであり、作家の柳美里さんや

女優の東 ちづるさんなどの著名人のカウンセリングを行い、

著書も多数ある、長谷川 博一さんが

クライアントの家を訪問したり、ホテルに一緒に泊まり、

セックスをしていた、というものです。

長谷川さんは今も、岐阜県にある

「こころぎふ臨床心理センター」

のセンター長を務め、カウンセリングを続けています。

 

事実であれば、カウンセラーとして

許されないのは当然のことです。

クライアントがカウンセラーに疑似恋愛感情を抱くのは

よくあることであり、陽性転移というものです。

だからこそ、カウンセラーは十分注意し、

本当の恋愛感情ではないことに気付かせることも重要なのです。

 

実は、記事の中に出て来る被害者の女性の1人は

私が相談をお受けした方です。

長谷川さんと性的関係を持った後に、

症状が悪化し、とても苦しくなったのだけれど、

長谷川さんは彼女からの連絡を一切拒絶、

電話は着信拒否、メールの返信も来なくなり、

余計に苦しくなってのご相談でした。

被害女性はずっと泣いていて、でもご相談当初は

まだ、長谷川さんから「君は特別だ」

「(性行為をしたのは)あなたの為」

など言われたのを信じていて、

どうにかして、また彼に会いたい、元の関係に戻りたい

とおっしゃっていました。

 

私は、被害女性の言っていることは嘘には思えなかったので、

記事にもありますが、

「他のクライアントにも同じことをしていると思う」

と伝えました。その後、やはり長谷川さんが

他の女性にも同じことをしていたのが分かり、記事になったのです。

 

長谷川さんの方は記者に対し、

自分自身が10代の頃に性被害があり、

フラッシュバックが起きて、訳が分からなくなった、

と言ったそうです。

解離(記憶が飛んだりすること)

が起きていたのかも、とも。

 

私がご相談を受けた女性には、長谷川さんは

謝罪もしています。

認めたようなものだと思います。

そして、信じがたいですが、フラッシュバックで

記憶が飛んでしまったのであれば、

日常生活でも記憶が飛ぶ、という症状は

起こっている可能性があり、

カウンセリングが出来るはずものありません。

 

長谷川さんの主張、フラッシュバックが起きた、

というのが本当であれば、長谷川さんはカウンセラーを辞め、

ご自身の治療に取り組むべきです。

そして、同様の被害に遭っている女性が他にいないか

とても心配です。