office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

2019年1月

川口いじめ 被害者の元男子生徒、投稿者を提訴へ プロバイダーが情報開示

2019年01月08日

埼玉県川口私立中学で、いじめに遭った元男子生徒が、

ネットに誹謗中傷を書き込んだ投稿者の氏名や住所などの

開示を求めた訴訟で東京地裁はプロバイダー3社に

情報開示を命令する判決を出しました。

プロバイダー側は元男子生徒が開示を求めた4件すべてを

開示しました。

 

報道を見て、本当に良かったと思いました。

ネットいじめの加害者達は、自分は匿名性を手に入れた

と勘違いをします。

だからいじめはエスカレートし続け、次第に、

被害者の実態すら薄れていきます。

被害者が傷ついていることなんて、誰も考えなくなります。

ネットいじめは加害者達にとって、エンターテイメントになります。

自分が楽しければいい。

そして、皆を楽しませているような錯覚すら抱くようになるのです。

エンターテイメントになってしまえば、

嘘や作り話も歓迎されます。

そもそも、誹謗中傷がいじめに利用され始めると、

その内容が本当かどうかなんて、誰も確かめようと思いません。

いじめの手段の一つでしかないのですから。

 

いじめのエスカレートを止めるために、私は大人の力が必要だ、と

ずっと言い続けています。

いじめは心のウィルスです。

子どもの心に感染するウィルスです。

ウィルスなので、子ども自身は感染している事に気付いていない場合も多いのです。

だから、大人がいじめの解決に取り組むことが必要です。

 

その為には、いじめに没頭している子ども達に

「大人はいじめを許さない」とか

「いじめは悪いこと」

と伝えるのは意味がありません。

 

大人はいじめを必ず発見し、放置しない。

その態度を見せることが必要なのです。

ネットいじめをエスカレートさせないために、

ネットの世界は決して匿名ではないこと、

ネットを通してであっても、人を傷つければ

大人がちゃんと犯人を特定する、ということを

大人は示すべきなのです。

 

ネットいじめは、警察に相談しても、恐喝には当たらない、

犯罪ではない、など警察が動けない場合も多いです。

だから被害者は苦しみ続けるのです。

 

川口の元生徒の親御さんは大変苦労されたと思います。

でも、この判決が報道された事で、

ネットいじめに加担しない子どもは増えると思います。

ネットの世界でも加害者は特定される。

多くの子どもに知って欲しいです。