office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

2019年2月

渋谷区 児童養護施設 若草寮 施設長刺され死亡

2019年02月26日

渋谷区幡ヶ谷にある児童養護施設「若草寮」で

施設長である大森信也さんが、4年前まで入所していた

田原仁容疑者(22歳)に刺されて死亡する事件が起きてしまいました。

 

残念でなりません。

若草寮は児童相談所勤務時代、たくさん一緒に仕事をしていた施設です。

私が児童相談所を退職した後も、施設を出た子どもの達の

アフターケアなどで、一緒に仕事をしていました。

 

亡くなった大森信也さんは、いつも明るく、子どもに優しく、

子どもにとって最善を考えている方でした。

そして若草寮は、とても丁寧に、子どもに関わる施設です。

退所した後、うまく自立出来ずに、精神的に不安定になった子を

職員のお金でカウンセリングに通わせるなどもしている施設です。

 

田原 仁容疑者は「施設に恨みがあった」と言っているそうです。

でも、私には信じられません。

確かに、児童養護施設は家庭とは異なり、

不自由な面もあります。

お友達の家に外泊出来なかったり、携帯代も自分で払わなくてはいけなかったり。

集団生活ですから、ルールもあります。

その生活に不満を抱く子がいるのも事実です。

 

ですが、一番の問題は高校卒業後、つまり施設を出た後の

子ども達の自立に向けてのサポートがないことにあると私は思うのです。

進学希望の子は、国の奨学金がもらえるようになってきていますが、

まだ、返済しなくてはならない奨学金を使う子もおり、

学校に通いながらアルバイトをして家賃を含む生活費を稼ぎ、

仕事を始めた後は奨学金を返済しなくてはなりません。

「もう勉強したくない」

という子どもは就職となりますが、

就職先が見つからず、アルバイトで生活する子もいます。

国からの手当ては何も出ません。

 

一般家庭でも、18歳の子どもが自立するというのは大変なことです。

そして児童養護施設で生活する子どもは、虐待を受けて育っていたり、

心に傷を抱えている子どもがたくさんいるのです。

 

少ない収入で欲しい物も全て我慢。

働きづくめで遊ぶ時間もない。

 

学校を途中でやめてしまう子、自立出来ない子はたくさんいます。

そして、さらに心の傷を深めてしまう子も。

 

同年代の周りの子を見ると、皆には帰れる家があり。

食事を作ってくれる親がいて。

サークルや旅行、遊んでばかりいる。

羨ましくても、児童養護施設出身の子には、帰れる家がなく、

頼れる大人もいないのです。

 

自分の人生は、どうしてこんな風になってしまったのか。

自分はどうしてこんなに不幸なのか。

どうして苦労ばかりしなくちゃいけないのか。

 

そんな不満を抱くのも当然です。

 

田原 仁容疑者も、お金も無くなり、住む場所もなくなり、

困り果てていたのではないでしょうか。

自分の人生への不満を怒りを誰かにぶつけたかったのではないでしょうか。

 

そして思い浮かぶのは自分が生活していた施設しかなかった。

怒りをぶつける相手は施設職員しか思い浮かばなかった。

自分の人生の不幸の責任を取ってくれる人はいないから。

逆に言えば、一番身近な存在だった。

本当は「苦しい、助けて」と言いたかったのではないでしょうか。

 

18歳を超えた子どもは、児童相談所には相談出来ません。

児童相談所が相談を受けるのは18歳未満です。

そして、生活に困っても、国から受けられるサポートはありません。

田原 仁容疑者は加害者になってしまいましたが、

自分自身を傷つけるしかない子もいます。

 

頼れる親、大人がいないのに、18歳でいきなり

自立しなさい、と言われる。

それは無茶な話です。

 

この国には、まだまだ子どもを守る制度が足りていません。

児童相談所を強化し、虐待されている子どもを守る。

そして、虐待を受けて育った子どもを幸せな大人として自立させる。

それが、国の責任だと私は思うのです。

児童養護施設出身の子どもへの住居の提供と生活資金の援助。

現場はずっと必要性を感じ続けています。

 

子どもは保護して終わりではありません。

心のケアをし、育て直しをし、日々の生活に安心感を抱かせ、

そして大人になるのは幸せなんだ、と感じさせてあげる。

その為に、児童養護施設や自立援助ホームなどの

子どもを預る現場の職員は必死で頑張っています。

それでもこんな事件が起きてしまう。

 

自分達が面倒を見て来た子どもに、施設長が、

職員が殺されてしまう。

若草寮の職員、そして全国の児童養護施設の職員は

心を痛めていると思います。

どうしたらいいのか、と苦しんでいると思います。

2度とこんな事件を起こさない為に。

施設出身の子どもをサポートする制度も作ってゆくべきです。

 

大森 信也さんの死が悔やまれてなりません。

ご冥福をお祈りすると共に、若草寮の子ども達、

職員の皆さまの心の回復を願っております。

 

 

4歳の長女に暴行 母親を逮捕 全身に100か所以上の傷

2019年02月19日

鹿児島のいちき串木野市の母親が、当時4歳の長女に暴行、

腰や背中、頭にけがをさせた疑いで母親が逮捕されました。

女の子の身体には、全身に100か所近くの傷痕があったそうです。

 

先月22日に、女の子の通う福祉施設の関係者が市を通して

児童相談所に連絡があり、児童相談所が女の子を保護、

今月5日に警察に連絡したとの事です。

 

保護となったのは、本当に良かったのですが、

全身に100か所の傷痕、というのは信じられません。

なぜ今まで発見されなかったのでしょうか。

しかも、報道によると、以前から、市や児童相談所、警察が関わっていたそうなのです。

 

一昨年5月、女の子が当時3歳だった時に

診察した医師から、「虐待の疑いがある」と市の福祉課に連絡。

その連絡を受け、市や警察・児童相談所・保育園などを交えた

会議を行っていました。

さらに市の福祉課は一昨年6月と去年8月の2回、

母親と面会していたのに、虐待の確定には至らなかった、

ということなのです。

一昨年8月の母との面会は、女の子の前歯が2本

折れていたので家庭訪問をした所、

母親は「自分で転んだ」と言ったそうです。

そして母親は今も、虐待を否認しているとのことです。

 

 

市、児童相談所、警察、保育園が会議を行ったということは、

見守り体制が出来ていたはずです。

私も児童相談所で勤務している時は、

多くの虐待を疑われる子どもの関係者会議に参加して来ました。

 

重要なのは、役割分担です。

誰が、いつ、何をすべきか。

例えば、保育園は子どもに傷があったら

すぐに児童相談所に連絡、そして病院に連れて行く。

一昨年の前歯が2本折れていた時も、女の子を歯医者に連れて行き、

医師にどういう状況に折れたか判断してもらい、

母の主張と一致するかを確認する、という事をしていれば、

母親の虐待の可能性が見えていたかもしれません。

 

さらには、下のお子さんもいたのですから、

保健所に、健診に絡めて家庭訪問をしてもらう、

健診に女の子も呼び、様子を見てもらう。

 

怪我や傷が発見された場合は、市の福祉課ではなく

児童相談所が家庭訪問し、母親が嫌がっても、

全身の傷をチェックすることも必要でした。

 

そして、関係者会議は繰り返し、定期的に行うことが重要です。

怪我、傷の頻度は増えていないか。

母親の態度に変化はあるか。

役割分担は変更の必要がないか。

検討し続けることが重要なのです。

 

警察との情報共有はこれから全国的に広がってゆくはずです。

ですが、情報共有だけでは、警察も何をしてよいのか分かりません。

パトロールの頻度を増やしてもらう。

母親が子どもをの姿を見せたがらない時や

親が高圧的に関係者を怒鳴る時などは

警察に同行してもらう。

具体的に何をしてもらうか、決めておくことが重要です。

 

千葉の小4女児虐待死事件、心愛ちゃんの事件も、

長期休み明けの欠席はすぐに学校が児童相談所に連絡、

児童相談所が子どもの姿を確認に行く。

父親が拒否した場合は警察が同行。

警察が家の近所をパトロールしていれば、

心愛ちゃんの泣き声を聞き、訪問出来たかもしれません。

 

今回の事件の女の子も、身体の傷が100か所ならば

心はもっと傷ついているはずです。

心は見えないけれど。

これ以上、子どもを傷つけない為に、救うために。

関係者会議の徹底、具体的な役割分担を行うことが重要です。

 

千葉県野田市小4女児虐待死事件の問題点2

2019年02月09日

教育委員会が心愛ちゃんのアンケートを父親に渡してしまったのも大きな問題だ。

条例違反に当たるのだが、それ以前に、アンケートを渡してしまえば、

虐待が再発・エスカレートすることは、当然、予測出来た。

それなのに教育委員会の担当者は、「恐怖心を抱いた」と述べており、

つまりは父親の攻撃に屈した、ということだ。

自分の身を守るために、心愛ちゃんを犠牲にしたということだ。

クレーム対応の知識がなさ過ぎるとしか得言えない。

この事件は、児童相談所も、学校も、教育委員会も、全ての組織が父親の攻撃に屈し、

言いなりになってしまった為に起こった事件と言えるだろう。

 

教育委員会にも問題はあるが、子どもを虐待から守る権限は児童相談所にしかない。

児童相談所は、心愛ちゃんが自宅に戻った後、3月19日に学校で心愛ちゃんに会い、

手紙は父親に書かされたことを確認している。この時に、本人からの虐待の訴えがなければ、一時保護は難しいだろう。

しかし、定期的に会いに行くべきだったのだ。私たちはあなたの味方だよ、心配しているよ、

もし叩かれているのなら、今度は必ずあなたを守る、

絶対に家に帰さない、と心愛ちゃんに伝え続け、そして機会を待ち、保護すべきだったのだ。

そして学校と児童相談所の連携が不十分だったことも大きな問題だ。

夏休みや冬休み、長期休暇後の欠席は絶対に放置してはいけない。

長期休暇中は虐待がエスカレートするリスクが非常に高いのだ。

欠席は傷、あざを隠す為かもしれないと疑わなくてはならない。

長期休暇明けの欠席は学校はすぐに児童相談所に連絡すべきであり、

児童相談所はすぐに子どもの姿を確認しなければならない。

沖縄の母方親族の所にいる、と言われたら、児童相談所は沖縄の児童相談所に心愛ちゃんの確認をお願いすべきだった。

「親族宅にいる」「親族の具合が悪い」というのは虐待加害者が子どもを姿を見せない為に使う常套句だ。

その言葉を疑い、沖縄での確認、そして家庭訪問を行っていれば、心愛ちゃんの命は助かったのだ。
 

父親に続き、母親も逮捕されたが、DVから、虐待から母子を救ってあげる為の働きかけを

しなかった行政側の責任も大きい。

糸満市では親族が父から母へのDVと子どもへの恫喝を親族が相談している。

柏児童相談所も母からDVがあることを聞いている。

誰かが、母親に子どもを連れて逃げることが出来るよ、と教えてあげていれば。

その事も残念でならない。

 

同じような事件を起こさない為に、児童相談所を改革することは必須の課題だ。

そしてこの事件の問題点を丁寧に検証し、同じことをしないよう、全国の児童相談所で共有すべきだ。

千葉県野田市小4女児虐待死事件の問題点 1

2019年02月09日

千葉県野田市で小4の女児が父親からの虐待によって死亡する事件が起きてしまった。

この事件の経過を見ると、防げることが出来た、救える命だった、と確信する。

今後2度と同じような事件が起きない為に、この事件の各機関の問題点を検証したい。

まず、学校がいじめのアンケートに本人が父親からの虐待について書き、

担任が聞き取りをし、児童相談所に通告、児童相談所が翌日に一時保護をした。ここまでは良い対応だったと言える。
 

問題はその後だ。柏児童相談所は「重篤な虐待ではないと思い込んでいた」と記者会見で述べているが、

なぜ、重篤な虐待ではないと判断したのか。アンケートには本人の訴え以外にも担任が聞き取ったメモがあり、

そこには「叩かれる」「首を蹴られる」「口をふさがれる」「こぶしで10回頭を叩かれる」とあり、

明らかに重篤な虐待と言える内容だ。さらに児童相談所は一時保護中に、

心愛ちゃん本人からも虐待について聞き取りをしているはずだ。

加えて心理の専門家が心愛ちゃんの心の傷の度合いなども検査しているはずだ。

学校で虐待について話すことが出来た子どもなのだから、児童相談所でも必ず話しているはずだ。

その内容については、一切公表されていないが、「重篤な虐待ではない」と言う判断は

心愛ちゃんの訴えがなかったことにされたとしか思えない。

結局児童相談所は、父親からの恫喝に負け、心愛ちゃんを帰してしまったのだろう。
 

父方親族に帰したのも問題の一つだ。自宅ではないと言えども、父方なのだから、父親味方である。

そこに心愛ちゃんを帰せば、すぐに父親の所に戻されることは容易に想像できる。

実際、児童相談所は、2か月程度で自宅に戻す予定だった、と述べている。

しかしその戻し方も問題だ。心愛ちゃんからの手紙を見せられ、

おそらく父親に書かされたのだろう、と思いながらも父親が心愛ちゃんを家に連れて帰るのを許している。
 

そもそも、父親は一貫して虐待を認めていないのだ。

それなのに父方親族宅に帰したのもあってはならないことだが、

ましてや、父親の要求に従って、自宅に戻すなど、絶対にあってはならないことだ。

虐待だけでなく、DVもある家庭なのだ。

この時、父親は、「これ以上引っ掻き回すな」と児童相談所に言っており、

児童相談所の今後の関わりを一切拒絶している。児童相談所は虐待再発を防ぐために、

定期的に家庭訪問し、親子の様子を見て、さらに学校訪問し、子どもの本心を聞かなくてはならない。そ

の児童相談所の指導に従わない、と父親は言っているのだから、

父親の要求の全てを、児童相談所は拒絶しなくてはならなかったのだ。

それなのに、児童相談所は父親の言いなりになり、その後、心愛ちゃんを放置している。