office yamawaki

山脇由貴子心理オフィス

〒104-0061 中央区銀座8-17-5 アイオス銀座

営業時間:12:00~19:00(最終予約) (土日も予約可)

電話番号:03-3248-8813

ホームプロフィールブログ

ブログ

大人の発達障害

2016年09月08日

女性セブン9月8日

今日発売の女性セブンの中の「高畑淳子『裕太の病』と『大人の発達障害』」という特集の中にコメントが載っています。

高畑淳子さんの長男の事件についてはすでにブログに2回書きました。
今回の取材で改めて、ちゃんと伝えなくてはならない、と思ったのは、
発達障害があるから犯罪者になりやすい
という訳では決してない、という事。当たり前の事なのですが。

そして発達障害であっても、社会でちゃんと自立して生きてゆく事が出来るという事。
大事なのは、まず家族が発達障害である事を受け入れつつ、
それはマイナスなのではなく個性としてとらえ、
でも、何が苦手でどんな場面は避けてあげなくてはいけなくて、
そしてどのようなサポートが必要か、という事を
理解することです。

そして出来る限り本人に合っている職業を選択してあげること。

周囲の理解も必要です。
学校に行っている間はまずは学校の先生に理解してもらい、
そして、先生を通して子ども達にも伝えてもらう。

社会に出てからも同僚や上司の人に理解してもらえると
ご本人はぐっと仕事をしやすくなります。
苦手なこと、得意なこと。
どんなきっかけでパニックになってしまうか。
などなど。

大人になってから、周囲の人に受け入れてもらうのは大変ですが、
周囲の人のサポートがあってこそ、自立してゆけるのです。

そもそも、発達障害でなくても、人にはそれぞれ、発達障害に近い特徴はあります。
落ち着きがない。じっとしていられない。
片づけられない。
物忘れがひどい。
集中出来ない。
物をよくなくす。

誰でもがあっておかしくない特徴です。
その意味で、やっぱり「障害」って言葉が良くないと思うのです。
「障害」って言われる事での親のショック、本人のショックはとてつもないものです。

「うちの子は障碍者じゃない」
と頑なに受け入れを拒むお母さんもたくさんいました。
その結果、全ての責任をお母さんが負いつつ、周囲に謝罪を繰り返し、
そしてお母さんは孤立して行く・・・
そういう事態が一番避けたい事態です。
追い詰められたお母さんが、子どもに言うことを聞かせるために
叩いてしまう。そんなことにもつながりかねません。

「障害」に代わる、受け入れやすい言葉が見つかると良いのですが・・・
そして多くの人達に、発達障害について理解して欲しいと思うのです。